• お喜びの声を掲載 お客様の声

コラム

  • 産後じゃなくても骨盤矯正
          産後じゃなくても骨盤矯正   
    当院には産後の骨盤矯正を受けられる方が多く来院されますが、 それ以外の産後では...
  • 産後(帝王切開の場合)の回復
          産後(帝王切開の場合)の回復   
    帝王切開をして出産した場合も基本的には経腟分娩のママと変わりません。 しかし、開...
  • 産後(ママ)の大事な過ごし方
          産後(ママ)の大事な過ごし方   
    産後はいきなりママになるわけですが、 最低一か月はじっとしていてほしいと思いま...
  • 【症例紹介】交通事故で頸椎捻挫した方
          【症例紹介】交通事故で頸椎捻挫した方   
    交通事故で後ろから衝突され その日の午後病院で、頸椎捻挫と診断された  2...
  • 骨盤は生殖器や泌尿器に関係する大事な場所
          骨盤は生殖器や泌尿器に関係する大事な場所   
    骨盤は生殖器や泌尿器に関係するって知ってますか? 骨盤は生殖器や泌尿器に関係...

全ての記事を見る

side_logo.png

どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。084-954-7579
受付時間
9:00-12:00
15:00-19:30 -

★ 9:00-13:00(上記以外の時間もお問い合わせください)

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-8-6

当院までのアクセス

HOME > コラム > 交通事故治療 > 【症例紹介】交通事故で頸椎捻挫した方

コラム

< 骨盤は生殖器や泌尿器に関係する大事な場所  |  一覧へ戻る  |  産後(ママ)の大事な過ごし方 >

【症例紹介】交通事故で頸椎捻挫した方


交通事故で後ろから衝突され

その日の午後病院で、頸椎捻挫と診断された 

28歳 女性 やせ型(設計士)のAさんの事例を紹介します。

本人曰く

「病院でレントゲンとMRI検査を受けたけど、画像には特に異常はなく軽いムチウチでしょうと言われ、シップ薬と痛み止めを処方されました。」

ですが、その日の夜から、

頭痛・首と肩の張り感となんとも言えないだるさ・右腕の重だるさが出てきて、
 
翌日又、病院へ行き診察を受けたのですが 

「むちうちです。レントゲンでは異常は見られないので、そのうち楽になるでしょう」

と言われ帰宅。
(このレントゲンでは異常がないというのが曲者ですが)


そんなものかと思い

仕事である設計事務を続けながら 

シップ薬を張るも

今度は右肘から手首にかけてのしびれが出現し 

病院へ、

今度は首の牽引とホットパック(温めるアレです)を勧められ 

2週間それを継続したところ 

痛みがましてきた為、

保険会社に連絡して 

当院にも通院希望の旨を伝え、

結局 

事故後一か月後の来院となりました。


来院時のAさんの様子ですが、

ぱっと見 

明らかに疲れ切った様子。

両目が充血し、食欲もあまりないとのこと。

首の動きを見てみると左右にちゃんと回りきらず、

途中45度くらいで止まってしまう。

下を向く 

上を向く動作も首の後ろに痛みが強く、

じっとしていても後頭部がズキズキする 

体中がだるく 

いくら寝ても寝足りず、

いつも眠い。


右腕から指までだるさとしびれが混じったような倦怠感と灼熱感を訴えました。

痛みだけでなく、しびれを訴えるあたり 

むちうちでは軽いほうではありません。


まずは、首や肩関節の動き、神経的な異常、皮膚や筋肉の緊張、

などを注意深く観察して、

レントゲンには写らない程度の関節のズレを探します。

これは必ずあります。


ありますが、これを一度に矯正はできません。

もう受傷から一か月たってしまっているため、

時系列で考えて、ゆがみを順番にとらないといけません。

関節のゆがみというものは、

そこに手が加わることにより、日々刻刻と変化するからです。

昨日と今日の体はもはや別物であり、まして、ケガから一か月もたっていたら?

単純には捉えてはならないのです。

この方の場合も少しずつ、関節を整えていきました。

関節の位置異常が正常に近付くにつれ、軟部組織、いわゆる筋肉、靭帯なども細胞レベルで変わってきます。

そして大事なのは冷却です。

膨大なエネルギーを抜くには氷を使った冷却(アイシング)が大変有効です。

この車がぶつかった時のエネルギーが体に残っているためいろいろな症状が取れないのです。

このように、

着実に施術を重ねるごとにAさんの痛みやしびれは改善していき
(しびれは最後になりましたが)

だんだんと社会生活が正常に送れるようになりましたが、

事故から一か月間はご本人は大変だったそうです。

外見は普通に見えるため、出勤すると、

「意外と元気そうですね」

なんて、軽く見られるため、仕事に手抜きもできません。


ご本人は早く何とかしてほしいと訴えるのですが
(当たり前です)

魔法のようにこれらの症状が一瞬で消えればいいのですが 

それはありえません。

このようなパターンでは文字通り薄皮をはぐように楽になります。

どのようなけがもそうですが、受傷後、いかに早く正しい処置をするかが重要です。

特に相手がクルマという大変大きな質量をもった物体がぶつかってくるのが交通事故ですから

元の体に戻るにはある程度の時間が必要です。

つまり、交通事故は普通のケガとは違い、治るのには手間と時間が必要になります。

レントゲンに異常はなくても、画像はある一瞬の姿を投影しただけのことで、それで安心してはいけません。

現に、事故後何年たっても、

頭痛や首の痛み・手足のしびれなどの後遺症に苦しんでいる方が後を絶ちません。

画像診断に異常がない場合はまず後遺症認定は無理と言っていいでしょう。

しかし、本人は実際、辛い思いをして毎日を過ごしています。

年々、後遺症認定基準は厳しくなっていて、なかなかもらえないのが実情です。

となると、やはり、保険会社さんが認める治療期間中になるべくベターな治療を受け、

後遺症を残すことなく、治しきるという事が大事です。

なにしろ、後遺症が残ったところで、だれも責任を取ってくれないし、

少々の賠償金をもらったところで割に合わず「やられ損」に他ならないからです。
 

カテゴリ:

< 骨盤は生殖器や泌尿器に関係する大事な場所  |  一覧へ戻る  |  産後(ママ)の大事な過ごし方 >

同じカテゴリの記事

頸椎ねんざ(むちうち)


頸椎ねんざ(むちうち)は交通事故や格闘技などのスポーツで首の骨に強い衝撃を受けた時に起こります。
重症ではしびれたり、麻痺にもいたる厄介なケガです。
むちうちは軽いものならば安静にするだけで、良くなります。(あくまで、本当に軽い場合です)

頸椎ねんざ(むちうち)で一番多い原因は??

交通事故です。
後ろから追突されたり、正面衝突でも起こります。

自分の乗っている車が後ろから追突されるパターンが多いですが、この場合、首が後ろにのけぞるようにそり、次に前にガクンと振られます。

この時の強い衝撃で首をねんざし、痛みが起こります。

むちうちは頸椎ねんざの一つであり、骨、靭帯、椎間板などに異常がなく神経症状もないもの とされていますが、実際は靭帯などに小さな傷はついています。

しかし、はっきりと損傷が見られた場合は「頸椎脱臼」「頸椎骨折」など別々の傷病名になります。

むち打ち症の主な症状

首の痛みです。 少しの動きでも痛みがある時は、病院ならば 普通は頸椎カラーで振動を防ぎ、鎮痛剤の処方がされて、2~3週間の安静が指示されます。

それでめでたく治癒すればいいのですが、よっぽど軽い場合を除けば、そのあとも痛みが続いたり、手にしびれがでたり、感覚の麻痺などの神経症状が出てくることが多いのです。

そうなると精密検査が必要になります。
その精密検査を受けても特に異常がない場合は、精神的なもの、事故の恐怖によるトラウマ などと診断され、要するに「気のせいでしょう」下手すると「仮病」(詐病)などと疑われることもあります。

こうなると、悲劇で、実際に痛みがあるのに異常がないと言われた患者さん本人は「自分がおかしいのではないか」「だれも信じてくれない」などと人間不信に陥ってしまいます。

でも、安心してください。

MRIやレントゲンに写らない様な微小なゆがみやズレは必ずあります。

それを探し出して治癒に導くのが我々、柔道整復師の仕事です。

しかし、我々にも手に負えないものもあります。
「頸椎の脱臼」や「骨折」「脊髄損傷」などです。

これらが起こるのは大きな事故の時です。
すぐに救急車を呼んでなるべく大きな病院へ搬送されなくてはいけません。

特に第一頸椎や第二頸椎の骨折では呼吸困難や呼吸停止など非常に危険な状態になります。

また、子供のころに首のケガをした、とか元々脊柱管が狭いなどの変形がある人などは、むちうち損傷を受けたことで、それらの古傷が悪化して痛みやしびれが出てくるという事もあります。

むちうちに限らず、外傷というものは意外と難しい面があるのです。
中には同じ場所を何回も痛めた、という事も長い人生ではよくあることです。
なので、その場合は、幾重にも重なった悪い場所が順番に違った症状を表すということもよくあります。

そのような古い損傷は検査をしてもわからないことがあります。

福山市の寺岡鍼灸接骨院から皆さまへ

当院では、できる限りの視診・問診・運動学的検査・神経学的検査により痛みやしびれの原因を探り出し、なるべく早期に症状を改善に導くよう施術しております。

ご相談は随時受け付けておりますので、手遅れにならないように、示談になる前にお気軽にお問い合わせください。
※整形外科との併用も可能です

交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

ムチウチと精神的ストレス

交通事故治療において、特に、ムチウチになると、症状は首周辺に出るため、脳に近いので、人によってはイライラして周りの人や物に当たったりすることがあります。

頭痛を伴った場合は、無理もないのですが、それはひどいものになります。

周囲の人たちも最初は優しい態度で接してくれますが、あまり日がたつと、まるで怠け者のような目で見られることもあります。
患者さんの側からすれば、早く治癒したいと願ってはいますが、普通のケガのようにはいきません。

良くなったなと思えば、また痛みがぶり返す、というイライラした経過が続き、治癒が長引けば長引くほど、精神的なストレスは増すばかりとなります。

ムチウチの治療中に気を付けること

  • 決して怒りの感情を持ってはいけません。それはムチウチの治癒にとっては最大の敵となります。
  • 誰のせいでとか、自分のミスのせいで、などという原因は放っておいて、まずは治療に専念することです。
  • 「今は、ムチウチを治すために、すべてを犠牲にして通院しているのだ」と割り切ってください。開き直ってください。
  • 身体を治すことに集中するべきです。
負の感情は体の回復にとってはマイナスにしかなりません。
精神的ストレスは、良い結果を生みませんが、ポジティブな前向きな感情は、必ず、回復に役立ちます。
細胞一つ一つが感情の影響を受けるのは、癌細胞と笑いの研究でも証明されています。
できれば、笑って過ごすのが体の回復には良いとされています。
笑いは細胞の活性化につながり、ムチウチが治るのも早まるのです。

交通事故のムチウチ治療でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。
寺岡はりきゅう接骨院の交通事故治療の詳細はこちら!


高齢者の交通事故が多発している

高齢者の交通事故が増加しています。

►被害者になる場合
►運転手として加害者になる場合

この両方があります。
これは、超高齢社会を迎えるにあたって、当然想定されたことではあります。

高齢者が加害者になるケース

どうしても免許を手放せない事情がある高齢者が増えていることが挙げられます。

しかし、車は走る凶器になりえますから、しょうがないでは済まされません。
高齢者に限りませんが、ドキッとするような運転をしているドライバーを見かけます
しかも、わざとではなく、危険に全然気付いていないので、始末に負えません。

高齢者が加害者にならないよう防ぐためには?

高齢者が加害者になるケースで一番多いのは「わき見運転」です。
見るべきものをちゃんと見ていない、とか、見ているフリをしているけど、全く見ていない、という、「知覚不全事故」が多発しています。

その次が「一時不停止」違反になります。

であれば、高齢者の起こす「加害事故」を防ぐためには

「標識、歩行者、他の車、信号など、見るべきものをちゃんと見て、一時停止を守り、周りを確かめて運転動作をする」

ということに尽きるでしょう。

高齢者は例外なく、体力や判断力、視力、聴力、反射神経などが低下します。
いつ誰でも、いつかは運転免許証とお別れする日が来ます。
自分の力を過信せず、場合によっては免許証の自主返納も考えたほうがいいでしょう。

自主返納は、自分の身を守るのと同時に、被害者になりえる、相手の身をまもるためでもあるのです。


整形外科と接骨院の交通事故治療の違い(2)

整形外科と接骨院の交通事故治療には違いがあることを前回の記事でお伝えしましたが、

一番大きな違い、それは接骨院では、診断を下す者と治療を施す者とが同じだということです。


交通事故治療では、保険会社から支払われる治療費や治療期間に限度があるため、なるべく継続した通院が必要となりますが、患者さんの症状や体調は日々刻々と変わります。

その場合、整形外科では医師の指示に沿った治療がずっと行われますから、今日はこうしたほうがより患者さんのためになるのではと思われても、勝手に変更できません。

私は以前、整形外科のリハビリ室に勤務していましたので、よくわかります。

接骨院での交通事故治療

接骨院では治療者が患者さんの訴えや症状に合わせて、オーダーメイドの治療をすることができます。

つまり、患者さんの状態に合わせてアレンジできるということが凄く大事なのです。


毎日、患者さんの身体をさわらせて頂くと分かるのですが、状態は毎日変化しています。

決して、機械のように扱うべきではありません。

昨日の身体は、今日の身体とはもはや別物なのです。

その毎日の変化をくみ取って的確な手技やアドバイスを行う、、、、、、、

これが交通事故後の痛みで苦しむ患者さんを、一歩ずつ救うことにつながります。

交通事故治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市で交通事故治療に関するご相談なら経験豊富な寺岡鍼灸接骨院(整骨院)にお任せください。

整形外科と接骨院の交通事故治療の違い(1)

整形外科と接骨院の交通事故治療では違いがあります。

整形外科と接骨院それぞれに得意、不得意があるのです。

整形外科などの病院での交通事故治療

整形外科などの病院では、交通事故に遭った際に最初に検査をしてもらい、骨や靭帯、脳や内臓に異常がないかを診断してもらいます。

緊急の処置が必要ならば、的確に判断し、それ以上、症状がひどくならないように治療してもらわなければなりません。


その後、処置が終わり、命に別状がない、画像診断上はなんともないと判断されたら、あとは定期的に様子をみてもらい、投薬などで時間が過ぎるのを待つ というパターンがほとんどでしょう。

(様子を見ましょう)というのは悪くなったら何か考えましょうということです。

命にかかわらないケガや手術を必要としないケガにはあまり興味がないのです。

というか、打つ手がない。


理学療法に力を入れている病院もありますが、治すというより、鍛える、可動域をひろげる、など身体の不自由な方がリハビリをするというイメージです。

決して病院批判をしているわけではなく、そういう治療が得意なのです。

一度設定されたメニューにしたがって大体同じように、毎回治療されます。

それは診察者と治療者が違うのでしょうがないし、あたりまえといえばあたりまえのことなのです。

交通事故治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市で交通事故治療に関するご相談なら経験豊富な寺岡鍼灸接骨院(整骨院)にお任せください。

トップへ

お問い合わせ