• お喜びの声を掲載 お客様の声

コラム

  • 接骨院で施術を受けた後の注意
          接骨院で施術を受けた後の注意   
    福山市の寺岡はりきゅう接骨院で主に首・腰・骨盤矯正の施術を受けた後に注意して頂き...
  • 骨盤がゆがむ生活習慣とは
          骨盤がゆがむ生活習慣とは   
    現代人には誰もが骨盤がゆがむ生活習慣(クセ)があります。 ・片足のどちらか...
  • 産後のママの体はバラバラです
          産後のママの体はバラバラです   
    産後のママさんの体は出産という大仕事を終えてバラバラのガタガタです。 どんなに...
  • 妊娠中の股関節の痛み
          妊娠中の股関節の痛み   
    妊娠中に足の付け根が痛くて歩くのがつらい方は  珍しくありません。 そして ...
  • 交通事故によるムチウチから脳脊髄液減少症になった一例
          交通事故によるムチウチから脳脊髄液減少症になった一例   
    交通事故によるムチウチから脳脊髄液減少症になった一例 自動車運転中に左横か...

全ての記事を見る

side_logo.png

どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。084-954-7579
受付時間
9:00-12:00
15:00-19:30 -

★ 9:00-13:00(上記以外の時間もお問い合わせください)

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-8-6

当院までのアクセス

HOME > コラム > 産後骨盤矯正 > 産後2か月の骨盤矯正で腰痛と恥骨痛が改善した福山市のママ

コラム

< 妊婦の半分以上が腰痛を経験する  |  一覧へ戻る  |  福山市で産後骨盤矯正を受けるのはどんな人? >

産後2か月の骨盤矯正で腰痛と恥骨痛が改善した福山市のママ

産後2か月のママさんが産後の骨盤矯正を受けに来られました。

「産前から腰痛があり、産後は恥骨が痛む」

おまけに両手首の腱鞘炎も併発しています。

これはツライですね。

妊娠中、産後はホルモンの影響で(赤ちゃんを産む準備のため)体中のあらゆる関節が緩みます。

骨と骨の間のスキマが開くのです。

関節が緩むと痛みを伴います。

特に腰、膝、股関節などは顕著に緩むようです。

本来、楽しいはずの育児が苦行のようになっています。

これだけ、いろんなところが痛んだり、不調があると、深刻です。

ママさんの顔色は悪く、見るからに生気がなく、東洋医学的には腎虚ともいうべき状態。

妊娠中の腰痛は、骨盤が開き始めるのとお腹が大きくなって、腰が沿ってしまうことによるものがほとんどです。

この方は出産して2か月たっても腰が痛いとおっしゃる。

無理もありません。

分娩は、我々オトコには想像もつかない痛みを伴う、「骨盤の破壊」とも言えます。

日本女性(アジア系女性)の骨盤は欧米人のそれと違ってかなり狭いため、

骨盤が割れなくては赤ちゃんが出てこれないのです。

そういう意味でも、日本人は産後の骨盤矯正がぜひとも必要なのです。

最近、雑誌などで「産後の骨盤矯正」がクローズアップされているから、言うのではなく、

日本女性には絶対必要ということです。

骨盤矯正をするとしないとでは、産後の生活の快適さが段違いなのです。

ただし、腰を抑つけて無理矢理ボキっとひねるとか、ゴキっと押すとか非人道的行為は絶対後悔しますからやめてください。

恥骨も骨盤の一部ですから、骨盤が出産で開くと、一緒に開きます。

産後、あるいは妊娠中に恥骨部分が痛むのは、不思議ではありません。

それは骨盤を正しい位置に持っていってやれば、恥骨も同じく正しい位置に戻るという事であり、

すなわち、骨盤の矯正は恥骨の矯正でもあるという事になります。

こちらのママさんの産後骨盤矯正の経過は?

約2か月で腰痛と恥骨痛が改善しました。

手首の腱鞘炎は3カ月かかりました。

それもそのはず、このママ、育児は初めてで、赤ちゃんを抱っこするのも初めて、抱き方もぎこちないし、見るからに、しんどそう。

最近では、赤ちゃんの夜泣きに悩まされ、一晩中抱っこすることもあるということでした。

そのため、手首は腫れて、熱を帯びていました。

関節の矯正 アイシング、テーピングをほどこし、自宅でも氷で冷やすようにしてもらいました。

徐々に痛み、腫れが引きましたが、ちょっと難儀しました。

赤ちゃんの夜泣きに対する「小児鍼」を同時にすすめたのも良かったと思います。

いずれにしても、産後の骨盤矯正に限らず、産後のあらゆる不調はすこしでも早く手を打つのが大事だということです。






カテゴリ:

< 妊婦の半分以上が腰痛を経験する  |  一覧へ戻る  |  福山市で産後骨盤矯正を受けるのはどんな人? >

同じカテゴリの記事

接骨院で施術を受けた後の注意

福山市の寺岡はりきゅう接骨院で主に首・腰・骨盤矯正の施術を受けた後に注意して頂きたいことがいくつかあります。

1.43分~60分の持続歩行(連続歩行)をする。 ジョギングシューズ、ウオーキングシューズで歩行してください。 
「歩く」という行為は人間にとって体の正常な機能を維持、向上させるのに大切なことです。

正常な骨盤機能を取り戻すために大切です。

これは内臓機能にも当てはまります。

2. 20分間のアイシング(氷で)患部を冷やしてください。
痛い時、お風呂上り、歩行後に行ってください。

氷は必ず水洗いして霜を取ってください(凍傷防止のため)

アイスノン等の保冷剤は効果が落ちるし、マイナス温になると危険です。

冷やすというより、熱を取るというイメージです。

3.寝るときはなるべく仰向けに寝て下さい。
枕を使うなら低めで

4.入浴は急性期 激痛のある時は控えて下さい。
シャワー程度が無難です。

5.治療期間中はスポーツ 運動 自己流の体操等はしないでください。

6.首・腰・骨盤の治療中は歯科診療、美容院でのあお向け洗髪、理容院での髭剃りは姿勢に問題があり、症状が悪化する恐れがありますのでご相談ください。

7.自転車やバイクは乗らないようにしてください。
振動が骨盤を不安定にします。

車のシートは直角にして、腰とシートの間に隙間を空けないほうが楽です。
{長時間(50分以上)の運転は控えて下さい}

8.良い姿勢でいるように気を付けましょう。
(正座か椅子にちゃんと座るのが望ましい)骨盤と首のためになります。

あぐら・体育座り・横座り・ベタ座り・こたつ座り・ソファー・横寝・頬杖をつくなどは不良姿勢ですから良くないです。

9.カイロやホットパックなどで患部を温めないでください。
その時は気持ちがよく、一時的に良くなった気がします。

しかし

長期的に見れば細胞の変性を起こして、悪化します。

10.自転車は骨盤のゆがみを助長して巷で言われるように決して健康的な乗り物ではありません。なるべく乗らないでください。
 

以上、首や腰の痛みの治療や骨盤矯正を受けた後の注意点(過ごし方)について述べました。

全て実行可能かというと、仕事や生活様式がおのおの違いますから 

無理かもしれません。
(私でも無理です)

たとえ一つでも頭の片隅に置いておくと、身を助くことにつながりますから意識してみて下さいね。

骨盤がゆがむ生活習慣とは

現代人には誰もが骨盤がゆがむ生活習慣(クセ)があります。

・片足のどちらかに体重をかけて立っている
会社員や学生さんが電車やバスで通勤・通学をするときに左右どちらかの足に体重を乗せていませんか?

つり革をもって立っている人を観察すると、真っ直ぐには立っていないはずです。

骨盤や股関節のあたりで不自然なひねり方をしたり、片方の脚を伸ばし、もう片方は曲げたりしています。

やりやすいほうがどなたもあると思いますが、同じ方ばかりに体重をかけ続けると 骨盤がゆがんでいきます。

時にはいつもと違うやりにくいほうに重心をもっていって下さい。

人間、楽な方ばかり選んでいると傾きが偏ってきます。

できるだけ、両足に均等に体重をかけるようにしましょう。

・つい足を組む
これはどこでもやりそうですね

というより、足を組みたくなるんですね

骨盤がゆがんでいるとそうなります。

足を組むことでつじつま合わせをしようとします。

でも、その足を組んだ姿勢をずっと続けると 

やはりからだはゆがみます。

どうせ足を組むなら、反対側も組みましょう。

同じ時間を足組んでください。

理屈上はこれでプラスマイナス0になります。

が、やはり足を組まなくていいように骨盤矯正しましょう。

骨盤が良い位置で安定すると知らない間に足を組まなくなります。

・スマホの見過ぎ
今やどこに行っても 

立っていようが 

座っていようがスマホをじっと見つめている人が、老いも若きも当たり前の光景になりました。

スマホを下にして首を曲げてじーっとみています。

たまには笑っている人もいます(怖)

あれはストレートネックになってくださいと言わんばかりの悪い姿勢です。

皆さん、分かっているけどやめられないのでしょう。

どうしてもスマホを見るなら、スマホを目の前まで持ち上げて見ましょう。

・腰を丸めて長い時間デスクワーク
言うまでもありませんが、腰が丸まってくる姿勢ですね。

集中して椅子に座っていると腰が丸まってきます。

それが長時間続けば 普通あるべき背骨のカーブがなくなってきます。

最近では腰の湾曲を保つためのグッズもたくさん販売されていますから試してみてください。

・フワフワの寝具やソファーを使う
柔らかいベッド 布団やソファーは最初は確かに気持ちいいですが、

特に腰が沈み込んでしまうとそこに重みが集中して寝返りがうてなくなったり、熱がこもったりします。

寝返りがうてないというのは、体の疲れがとれないことになり、翌日に疲労感が出てしまいます。

実は寝返りをうつことで体のゆがみを改善しています。

熱がこもると、痛みの原因である炎症が取れません。

最近のトレンドは高反発グッズです。

そしてクッションの中身は夏は涼しく、冬は暖かい素材が使われています。

私も、高反発のクッションで就寝しておりますが、起床時の体のだるさがなく 爽快な目覚めが毎日続いています。


このように 毎日の生活の中に知らないうちに骨盤がゆがんでしまう習慣がたくさんあります。

もしも 

腰や骨盤周囲・股関節や恥骨の痛みや違和感などがいつまでも改善しない、 

段々悪くなるようなときは 

骨盤矯正を受けてみて下さい。

これは産前・産後・男女問わず 

とても大切なことです。

産後のママの体はバラバラです

産後のママさんの体は出産という大仕事を終えてバラバラのガタガタです。

どんなに丈夫で頑丈な人でも程度の違いこそあれ 

同じです。

人間の骨格はかなり丈夫に出来ています。

その中でも骨盤はとても強く、重い上半身を支えています。

しかし、

出産の時は、赤ちゃんの大きな直径10センチはある頭を通さなくてはならないので、骨盤の関節(仙腸関節)は簡単に緩んでしまいます。

しかも、

恥骨部分(恥骨結合)までもが開くため、骨盤だけでなくその周辺の筋肉もガタガタに傷ついてしまいます。

どんなに鍛えたアスリートであっても出産後は立てないぐらいに弱ってしまいます。

産後の骨盤は重傷を負い、まるで交通事故に遭ったかのように傷んでしまいます。


そう、これはケガと一緒です。

ならば、その手当は早ければ早いほどいいに決まっています。

その方が、治りも早いし、キレイに修復されます。

産後の過ごし方

できたら、出産後は薄暗い部屋で トイレと食事以外は横になって体の回復に努めましょう。

犬や猫が出産したらそうするのです。

豪華な食事をしたり、シャワーをあびたり、スマホで友人・知人とチャットしたりしている場合ではありません。

眼もあまり使わないほうがいいでしょう。

子宮の回復が遅れるからです。

また、母乳が出ているうちはプロラクチンとオキシトシンというホルモンがたくさん分泌され体の回復を助けてくれます。

そして

この時期は体をリセットするには最大のチャンスと言えます。

体の要である骨盤を直し、骨格を組み替えるには絶好の柔らかさ。

もし、良い方向に体を導いてやると。

体質が変わったかのように軽やかになり、今まであった不調がなくなるという事もおきてきます。

逆に出産を境に体の不調が何年にもわたって続くという悲劇もありえます。

根本からの体質改善を目指すなら、ぜひ、産後の骨盤矯正を第一に考えて下さい。

それが、その後、何十年も続く人生において、大きなウエイトを占めることは間違いないでしょう。

※注意
産後に骨盤がゆがんだり、開いたりしていても自覚症状がないひとがいます。

でも、こういう人は骨盤のケアをおろそかにしがちなので、あとあと、苦しむことになる可能性が大。

こういう人の骨盤を観察させてもらうと、

常人ならば、立って歩くのもきついと思われるようなゆがみになっていることも珍しくありません。

感覚が鈍いか、筋肉がよっぽど頑丈か。

どちらにしても、現代人には多くありません。

たとえ、

症状がなくても産後は骨盤をちゃんと締めて次の妊娠や出産(もちろん安産をめざします)に備えるべきです。

好むと好まざるにかかわらず、妊娠、出産は動物(女性)の本能として体に遺伝子がインプットされています。

出産後は次の妊娠を目指して体は準備するようにできています。

それに合わせて骨盤をリセットしてあげるのが女性の体にとって健康的であるといえます。
(妊娠するしないは自由です。)

つまり、いつでも妊娠できるような体が女性にとっては健康体であり、それが自然の摂理であります。

現に、当院で産後の骨盤矯正を受けた方は、その後すぐに妊娠する方が結構おられます。

うれしい悲鳴というか、嬉しそうな報告をされるママさんの顔を見ると「あー、良かったなー」とこちらも思わずうれしくなってしまいます。

いかに、骨盤のゆがみというものが女性の体にとって大事なものかをもっと知っていただきたいです。

もちろん、男性にとっても骨盤は大事ですが、

女性の場合、子宮・卵巣といった赤ちゃんを授かり、育てていくための臓器が収められているので、

自覚を持ってほしいところです。

産後の骨盤ケアは、 

その後のママの人生をより良きものにするために、絶対に必要といえるでしょう。



産後の腰痛 肩こり 膝の痛み 冷えなど


産後に腰痛や肩こり・膝の痛みを訴えるママは非常に多いです。

授乳や抱っこなど育児は本当に腰や肩・膝に負担がかかる姿勢ばかりです。

でも、

育児には終わりはありませんから 

痛いから・辛いからと言ってママが逃げ出すわけにはいきません。

不自然な体の使い方をしていたら筋肉は無駄に緊張して 

各関節にも負担がかかるため、

血行が悪くなり痛みが出てきます。

そのままですと、

そこをかばう姿勢が続くと最初とは違う場所が痛くなる

という無限ループにおちいります。

なので痛みが出る前に無理のない抱っこの仕方や

おんぶを心がけなければなりません。

自分でストレッチや体操なども有効ですが

授乳中に痛み止めの薬などはなるべく避けたいですよね?

実はこれらの症状は産後の骨盤矯正を受けると解消することが多いのです。

骨盤は体の中心にあり、上体の重さを支えて、脚からは地面の反力を受けています。

そのバランスが赤ちゃんという新たな質量が加わることで崩れていき狂ってしまうのです。

しかも赤ちゃんは毎日体重が増え 

10キロ以上になってもまだ抱っこは終わりません。

抱っこひもは腕は楽になるかもしれませんがベルトが肩に食い込み 

肩こりを助長します。

さらに、

腰に回したベルトは腰椎の前弯を強くしていわゆる反り腰(そりごし)になってしまいます。

その腰椎への負担が土台である骨盤を狂わせ 

ゆがませてしまいます。

土台がゆがむと家で言えば

屋根部分にあたる肩や首がゆがむことになります。

土台から下に伸びる脚 

特に膝は立ちすわりで多大な負荷がかかるためかわいそうな関節です。

ゆがんだ骨盤を一生懸命にかばい支えるのが膝です。

私の経験から言って治りにくい関節の上位3位以内にくるのが膝関節です。

特に女性はホルモンの関係で更年期をすぎたら

変形性膝関節症になりやすくなりますので、

早めに処置しないといけません。

産後の痛みはかなりの確率で骨盤に原因があるといってもいいのです。
(もちろん、個々の筋肉の柔軟性、強度にもよります)

あと、産後によくある訴えに「冷え」があります。

もともと、女性は男性に比べて筋肉量が少なくて 

血管も細いため冷えやすい(熱産生量が少ない)のです。

また、冷えは女性ホルモンの分泌と大きな関係があります。

妊娠中から産後にかけては女性ホルモンの変動が激しいため

冷えがひどくなるママが多いようです。

体温調節は自律神経の働きによりますから 

産後の慣れない育児ストレスによる自律神経の乱れも原因として考えられます。

冷えは万病のもとと言われますから 

身体を冷やさないようにしたいものです。


体の熱産生するのには筋肉、特にふくらはぎが関与しています。

心臓より送られた血液は全身に巡りますが、

一番下の足の指先に巡ったものはなかなか上に戻っていきにくいのですが、

その役目をふくらはぎが担っています。

ふくらはぎの筋肉はその形状も心臓に似ています。

第二の心臓とよばれ、形状ポンプになっています。

この筋肉ポンプが血液を上に押し上げます。

このふくらはぎの筋肉は実は歩かないと働きません。

寒いからと言って、じっとしていたら血は巡らないということです。

産後は赤ちゃんの世話が優先になりなかなか自分だけの時間はもてません。

歩く時間があったら少しでも眠りたいことでしょう。

しかし、あえて言います。

「5分でも10分でもいから歩いて」

当院ではこのように指導します。

実は歩くことは骨盤のゆがみを矯正することにもなります。

もし、歩けないならば立ってつま先立ちを繰り返しましょう。

それだけでもへたなマッサージを受けるより 冷えは良くなります。

歩くときに 

体重を均等に正しく膝関節にかけることにより、

関節の潤滑が改善されるため 

膝の痛みにも有効です。

しかも、

歩くとその振動で腸の蠕動運動をうながすため 

便秘にもよろしい。

じっとしていては腸は動きませんから 

便を肛門まで運んでくれません。

ここで一つ注意があります。

歩くといってもベビーカーを押しながら

とか 

赤ちゃんをだっこしながら 

ではなく 

手ぶらで単独で歩いてください。

腰を曲げて悪い姿勢で歩いたり、

重たい赤ちゃんを抱いたままでは 

腰や膝の痛みがひどくなる恐れがあります。

どうか歩くならば 一人で歩いてくださいね。

あと、体調が悪い時はやめておきましょう。

そして産後の骨盤矯正を受けることも忘れずに。


産後の不調いろいろ


産後はそれまで元気で病気などとは無縁だった人にも不調が起こり得ます。

生理の再開が遅い
生理が再開する時期はとても個人差が大きいようです。

産後一か月で始まる人がいたり、一年後の人もいたりします。

母乳をあげているママは生理の再開が遅い傾向です。

母乳育児中は母乳分泌ホルモンである「プロラクチン」の分泌量が増加します。

プロラクチンは排卵を抑制する働きがあります。

そのために生理の始まりが遅れるのです。

しかし、

おっぱいをあげていると生理が来ないかというと必ずしもそうではありません。

授乳中もプロラクチンの分泌は少しずつ減っていくため、

大体出産後半年もすれば生理が始まります。

もしも、

母乳絶ちをして3カ月たっても生理が再開しない時は病院を受診してください。

プロラクチンの濃度が高すぎて排卵が起こりにくくなっている可能性があります。

産褥熱
産後ずっと38度以上の高熱が2日以上続く状態を産褥熱といいます。

その場合は細菌感染による産褥熱の処置が必要になります。

予防は外陰部を清潔にすること。

下着やナプキンは常に清潔にしてください。

そしてすぐに産院を受診してください。

便秘
妊娠中は便秘になる確率が高いです。

これは大きくなった子宮が腸を圧迫したり、

運動不足でそもそも腸の蠕動運動が少ないことによります。

あと、腹筋が弱く使えなくなっていることも原因の一つです。

それから、慣れない育児の為、生活リズムが乱れて、

排便のタイミングも狂ってしまいがちなことも一因です。

便意を感じた時はすぐにトイレに行くようにしてください。

便秘薬に頼ってしまう人もいますが、

それはあくまで一時的な対処法です。

便秘の根本的な改善のためには、

腸内環境を改善する食事、

規則的な運動も必要です。

また、骨盤を矯正することで、内臓の位置異常が改善し、

便秘も解消する人も多数みられます。

頻尿や尿もれ
便秘に限らず頻尿や尿もれも産後に多い症状です。

妊娠中に子宮が膀胱を圧迫するための症状であったものが、出産後も続く。

これは膀胱を支える骨盤底筋群の筋力低下が考えられます。

あまり頻繁ならば婦人科や泌尿器科の受診をおすすめしますが、

産後の骨盤矯正でこれらが改善することも少なくありません。

骨盤が元の正しい位置に戻ることで、

膀胱を支える靭帯や筋肉が正しいバランスを取り戻すからでしょう。
(膀胱も筋肉でできていますが)

ご自分でできるトレーニングとしてはウオーキングが有効ですが、

一番簡単なのは排尿時にいったん、おしっこを止めることです。

これが自由にできるようになったら、

多分、このような症状は良くなっています。

だまされたと思ってやってみてください。

ただし、全然改善しない時は病院を受診してください。

あまり尿もれが多い場合は外陰部が不潔になりやすいので

膀胱炎を併発することもあります。

産褥期は悪露も多いため、血液が最近を繁殖させてしまいます。

膀胱炎が悪化することでさらに頻尿が悪化してしまうことも、、、

外陰部は常に清潔に保ってください。

尿もれから膀胱炎にならないためにも骨盤底筋を鍛えることが大切です。

もしも排尿時に陰部の痛みがある時は迷わず病院を受診してください。

早めに処置すれば大事に至らず済みます。



トップへ

お問い合わせ