交通事故件数は増えています|広島県福山市の整骨院・整体院なら寺岡はりきゅう接骨院

ニュース&ブログ

ニュース&ブログ

交通事故件数は増えています

交通事故件数が増えています。
コロナ禍が収束し、行動制限が完全に撤廃されたことで車を使う機会が増えたことなどが影響したとみられる。 統計が残る1948年以来、3番目に少なかったものの、政府が掲げる、25年までに年間死者数を2000人以下とする目標とは大きな隔たりがある。 事故件数は前年より7072件増えて30万7911件、負傷者数は8426人増の36万5027人だった。 都道府県別の死亡者数は大阪が148人で2年連続で最多。 愛知145人、東京136人が続いた。 最少は佐賀の13人。 まず、コロナ禍においては、人々の外出が制限され、交通量が減少したことから、一部では交通事故件数が減少したという報告もあります。道路上での車両の密度が低下したことで、事故の発生率が下がったというわけです。 しかし、一方で、コロナ禍によって生活スタイルが変化したことで、交通事故の発生要因も変化している可能性が考えられます。例えば、自宅でのテレワークが増えたことで、通勤時間帯の混雑やストレスが軽減された反面、車の利用が増えたことで、事故のリスクが高まっているかもしれません。 さらに、外出自粛が緩和された際には、人々が一斉に外出することで、交通事故の発生リスクが増した可能性も考えられます。長期間の自粛生活から、運転技術や交通ルールの維持が難しくなっている人もいるでしょう。 コロナ後の交通事故件数については、やはり増加そています。
しかし、冷静な視点から事故のリスクを予測し、安全運転を心がけることが大切です。自分自身の安全だけでなく、周囲の人々の安全も考えて、交通ルールを守り、事故ゼロを目指しましょう。 これからのの交通事故件数がどのように変化するかは未知数ですが、冷静な判断と適切な対応を心がければ、安全な移動が可能です。クールで冷静な運転を心掛け、事故を未然に防ぐ努力を惜しまず、安全な社会を築いていきましょう。
 もし交通事故にあってしまったら?

交通事故専門治療院として20年以上の実績のある福山市の寺岡はりきゅう接骨院にお任せください。
長年 ムチウチ損傷や交通事故後遺症の臨床に携わった中の経験値で痛みはもとより、煩わしい保険会社への対応 慰謝料のご相談もお気軽にお問い合わせください。
蓄積したノウハウで被害者さんがより良い未来を築けますよう力添えいたします。