• お喜びの声を掲載 お客様の声

コラム

  • 変形性膝関節症とはちがう膝の痛み
          変形性膝関節症とはちがう膝の痛み   
    膝に痛みや腫れがあっても変形性膝関節症とは区別するべき病気があります。 膝の痛み...
  • 産後うつ
          産後うつ   
    「産後うつ」とは? 「産後うつ」は最近よく聞くワードです。 ショッキングな...
  • 頸椎ねんざ(むちうち)
          頸椎ねんざ(むちうち)   
    頸椎ねんざ(むちうち)は交通事故や格闘技などのスポーツで首の骨に強い衝撃を受け...
  • 腰痛になる生活習慣とは
          腰痛になる生活習慣とは   
    腰痛をしょっちゅう起こす人には よく聞いてみると、共通の生活習慣があるようです...
  • 急性腰痛(いわゆるギックリ腰)
          急性腰痛(いわゆるギックリ腰)   
    いわゆるギックリ腰(別名 魔女の一撃!)とは突然、腰に激しい痛みが起こるものを...

全ての記事を見る

side_logo.png

どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。084-954-7579
受付時間
8:30~12:00
15:00~19:30 -

★ 8:30~13:00(上記以外の時間もお問い合わせください)

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-8-6

当院までのアクセス

HOME > コラム > アーカイブ > 妊婦整体

コラム 妊婦整体

妊娠中毒症をご存知ですか?

妊娠中毒症という言葉を聞いたことありますか?

妊娠中のママに高血圧や、尿たんぱくやむくみが出るような症状です。

妊娠中毒症は、最近では、段々少なくなってきていますが、

もしも重症化してしまうと、ママだけではなく、赤ちゃんにも影響が出る怖い病気なのです。

妊娠中毒症は、ママさんの努力によって予防できる可能性があります!

①妊娠中に太り過ぎない
出産前には、8〜10キログラムの体重増加で抑えましょう。

多くて12キログラムまでです。

太り過ぎたママさんが全員 妊娠中毒にになるわけではないですが、やはり、太り過ぎは可能性は高まります。

また、肉や、脂肪のため、難産になる確率は高まります。

また、実際、そういうママさんのお話はよく聞くところです。

妊婦に限らず、肥満になって良い事は一つもないのですが。

②妊婦健診にしっかりと通う
わが国においては、妊婦さんは、母子手帳をもらって、病院に通院することになります。

驚いた事に、通院をサボる人がいますが、この日本の素晴らしい制度を使わないのは、大変もったいない事です。

最初のうちは4週間に一回から、二週間に一回、1週間に一回と、段々と間隔が短くなります。

これは妊娠中毒症が妊娠後半に多く、早く、見つけるのが、大きな目的だからです。

いくら気をつけていても、妊娠中毒症になる事はありますが、多くは何事もなく、出産すれば、自然に治りますが、重症化すると、不育症や、お腹の

中での突然死、最悪は母体も命が危なくなる事になるため、早期発見、早期治療が大変、重要です。

そして、晴れて無事に出産したあとは産後の骨盤ケア(矯正)をして、育児に備えましょう。

帝王切開を選択するのはどんな時?


帝王切開を選択する時は、自然なお産が難しいな、と判断された場合ですが、それはどんな時でしょうか?
 

大きく4つの理由が考えられます。
①難産である
②前回が、帝王切開
③逆子
④胎児切迫仮死

それ以外にも以下の二つは帝王切開が必要とされています。
◯前置胎盤
子宮の出口を本来ならそこにない胎盤が、ふさいでしまい、赤ちゃんが出てこれない。

◯胎盤早期剥離
普通は赤ちゃんが生まれたあと、子宮から剥がれるべき、胎盤が出産前に剥がれてしまい、
赤ちゃんは死亡するか、生まれても早逝する事が、ほとんどで、ママも危険な状態です。
(私の妻がこれを経験しています)

帝王切開になる理由

①難産
難産とは陣痛が始まっても、なかなか、下りてこなかったり、陣痛促進剤を使っても無理な場合で緊急帝王切開になる事が多いです。

②前回が、帝王切開
前回帝王切開した場合、その理由が重要です。
難産や児頭骨盤不適合(ママの骨盤が、小さいか、赤ちゃんの体が大きすぎる)で帝王切開した場合は次め帝王切開になるでしょう。
逆子だったからという理解だけで帝王切開した場合は、下から産めると判断される事めあります。

③逆子
逆子で赤ちゃんの頭が上で、お尻が下にある時は、仮死率が高まるため、帝王切開を勧める事が多いでしょう。
日本も訴訟社会になりつつある為、やむを得ないかもしれません。

④胎児切迫仮死
胎児切迫仮死は分娩監視装置などにより、赤ちゃんの心拍数の変化から、元気がなく、危ないと判断された場合です。
また、最近では双子や三つ子など、多胎妊娠の時も帝王切開が多いです。

  • ※逆子は妊婦(マタニティ)整体お灸で改善する場合もあります。
  • また、産後は必ず産後の骨盤矯正をしましょう 産後の回復が違います。

妊娠中や産後の貧血

妊娠中や産後の貧血はどうして起こりやすいのでしょうか?


一般に若い女性に多く見られますが血液検査で初めて「鉄欠乏性貧血」と言われて、びっくりすることも多いでしょう。
妊婦さんにも「鉄欠乏性貧血」がみられます。

これは母親や赤ちゃんの健康状態に重大な影響をおよぼす危険性があり、見逃すことはできません。

貧血とは

貧血とは、赤血球あるいはその中のたんぱく質であるヘモグロビン濃度が減少し、血液の濃度が薄くなってしまった状態です。
女性では12ℊ/dl以下になると貧血であるとされています。
妊娠中の貧血の基準は11.0g/dl未満が基準になっています。

妊娠中の貧血

妊娠中は血漿量が増加し妊婦さんは水血症になり、ヘモグロビン値が減少するため、 
貧血になりやすくなります。
水血症の状態によって、血漿粘度が低下する。
この低下は循環血液量を増加させます。
こうなると、子宮・胎盤系の血液量が増加して、胎盤の血栓や塞栓が作られにくくなっているのです。

実は 妊娠中の女性の体の中では赤ちゃんの発育と造血のため、鉄分が必要ですから妊娠前より多くの鉄分が必要になります。
この傾向は赤ちゃんが大きくなればなるほど大きくなります。
そのため、ママの貯蔵している鉄分までが使われていきます。
この結果、急激な鉄分の需要に吸収がおいつかなくなり、鉄欠乏性貧血が引き起こされると考えられます。
これにはつわりによって鉄分やアミノ酸などの摂取量が減ることによって発生する可能性もあります。

また、若い時の無理なダイエットが体内の貯蔵鉄の減少をまねくことがあります。
妊婦さんが鉄欠乏性貧血になるかどうかは、妊娠中というよりも妊娠前の貯蔵鉄が、どれだけ蓄えられているかが大事とされています。

出産直後は、脱水気味なので、検査をしても貧血が見逃される可能性があることに注意が必要です。
妊娠中や産後は、妊婦整体や産後の骨盤矯正をするだけではなく、栄養状態にも充分なケアをするべきでしょう。


妊娠中の便秘


妊娠中は便秘がおきやすくなります。

便秘とは

糞便が長時間大腸内に停滞するため、糞便中の水分が少なくなり、
便の排出が困難になり 3~4日以上排便を欠く状態をいいます。

排便回数が少ないだけでは便秘とは言えず、
・頭痛や腹部膨満感などの症状
・排便時の腹痛や排便困難などを伴い日常生活に支障をきたす場合
・毎日排便があっても、残便感などがある

上記のことを「便秘」といわれます。

便秘が妊娠中に起こりやすい理由

①ホルモンの影響
妊娠すると、黄体ホルモンが分泌されます。
このホルモンは妊娠中子宮の収縮を抑制すると同時に腸を弛緩させて、
動きを鈍らせる作用があり8~9か月で分泌がピークになります。

②子宮が胃腸を圧迫するため
赤ちゃんは妊娠20週以降は4週ごとに約500ℊずつ大きくなります。
急激に大きくなった子宮が妊婦の胃や腸を圧迫するために、大腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱まり便秘になりやすくなります。

③妊娠のストレス
自律神経(交感神経、副交感神経)は精神的な影響を受けやすく、妊娠中はそれだけでストレスになりやすいので腸の働きに影響します。
交感神経は緊張すると腸の動きを抑制し、副交感神経は気持ちがゆったりしているときに腸の動きを亢進します。
したがって、妊娠によりストレスを受けると骨盤内の自律神経も不安定になり、腸の動きに影響が出るのです。

④つわりと運動不足
つわりがあると妊婦さんは動きたくなくなります。
そのため運動不足になりやすく、気分が悪いことから精神的ストレスが自律神経に悪影響をあたえます。
また、つわりによって水分摂取を控えることより、腸が糞便に含まれている水分を吸い取ってしまうので益々便が硬くなってしまうのです。

⑤運動や労働の減少
妊娠すると仕事を休んで家庭に入ったり、家事労働が減るため、全身の筋力が衰えます。
そうなると、排便時に必要な腹筋力の低下が起こり、便秘の原因になります。


●また、産褥期にも便秘が起こりやすくなります。
これは分娩時に会陰切開が行われると、傷の痛みが残るためママは便意を我慢してしまうことが多いようです。
しかし、便意を我慢い続けると、便が硬くなり力むことも多くなり、「痔」になることも多いようです。
慣れない育児によっても、便意を我慢せざるをえないことがあり、それも便秘になりやすいですね。

腸は骨盤の中にありますから、骨盤のゆがみがあっても便秘になることもあります。
妊娠整体産後の骨盤矯正も有効な解決法の一つです。




妊婦さんの肥満は要注意


妊婦さんは肥満に注意しなければなりません。


まず肥満の原因ですが、赤ちゃんに栄養を与えなくてはいけないと過食になることが考えられます。
つわりがしんどすぎて、治まったとたんその反動でというのもありましょう。

食事量が多すぎて、余分なエネルギーが中性脂肪に変えられ脂肪組織に蓄えられて発症する=単純性肥満が多いのが特徴です。
妊娠したことで運動量が減る消費エネルギーの減少も一因です。

肥満がもたらす弊害としては

①高血圧 高脂血症 糖尿病を合併しやすい
妊娠時の肥満により「妊娠糖尿病」「妊娠高血圧症候群」を起こしやすくなります。
高脂血症とは、血中脂質(コレステロールなど)が増加する症状で、放っておくと動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞などの可能性が高くなります。

②静脈血栓症 静脈瘤が起こりやすい
静脈瘤は静脈に血流障害が生じて、妊娠時は下肢・外陰部・膣壁などにできやすくなります。
静脈血栓症は血栓(血のかたまり)が静脈を詰まらせ、浮腫やうっ血ができます。
この血栓が血流にのって肺まで届き、肺の血管が詰まる肺塞栓症など命にかかわる場合もあります。

③分娩異常 遅延分娩になりやすい
ママの体重増加に比例して、赤ちゃんも大きくなるので帝王切開や異常出血などの分娩異常になる可能性があります。 
産道が脂肪で狭くなるため、遅延分娩も多くなります。

④赤ちゃんに影響が出る
赤ちゃんが大きくなると、胎位胎勢異常・胎児仮死・分娩時の異常など
肥満妊婦から生まれた赤ちゃんには肥満児やインスリン非依存性糖尿病が多いようです。

⑤産後も肥満になる
通常、妊娠中に増えた体重は産後6か月でもとに戻ると言われていますが、妊娠中の肥満は産後にも肥満を残します。
産後に肥満が残るとホルモン分泌のバランスが崩れて、月経異常・無排卵などの不妊症の原因になりかねません。
また、体重増加による腰痛・下肢のむくみ・脚の痛みなどの合併症や 中高年になってからの糖尿病や高血圧などの生活習慣病を誘発しかねないのです。

妊娠中のさまざまな体の不調にはマタニテイ整体(妊婦整体)が有効です。
 




 

妊娠中の便秘


妊娠中の便秘は非常に多い症状です。



妊娠したら便秘気味になるママさんは少なくありません。

なぜ便秘になるの??

これは妊娠中に分泌されるホルモンと関係があります。

ホルモン(黄体ホルモン)は妊娠を続けるために、子宮の筋肉を柔らかくするとともに、腸の動きを鈍くさせる働きがあります。

また、大きくなっていく子宮が腸を圧迫して、便秘になりがちになります。

便秘予防には?

便秘は野菜不足や運動不足も原因になります。

食物繊維が豊富な根菜を食べて、骨盤を動かす運動をしましょう。

つわりの時期は、食べる量や水分が不足するため、便秘になることもあります。

水分補給を心がけてください。

何日も排便していない、とか、便が硬くて出にくいときは注意してください。

長時間いきみすぎたら、痔になることもあるからです。

注意点

・便秘なのか、子宮の収縮のためのお腹の張りなのか区別がつかない場合は早めに病院でみてもらってください。

・運動や生活習慣の見直しも必要になります。

・ウオーキングなどの軽い運動をするのは大事です。
歩かなければ、腸は動きにくいのです。
歩くことで、腸のぜん動運動が促進されます。

・早寝早起きの規則正しい生活で生活リズムを作りましょう。
早寝早起きで3食ちゃんと食べることで、腸は活発に動きます。

・腸内の善玉菌をふやしましょう。
ヨーグルトや納豆などの発酵食品には乳酸菌が含まれ、それが善玉菌のえさになります。

・主食は白米より玄米や雑穀にしましょう。
精白米だけではなく、麦や雑穀を混ぜたり、玄米や胚芽米にするのも効果的です。

骨盤は便秘と密接な関係があります

骨盤が緩むと、内臓が下垂して、腸が圧迫され、便秘の原因になるのです。

妊婦整体(マタニテイ整体)
で骨盤矯正をすると、便秘が改善するママもおられます。

あと、妊娠中、子宮が大きくなると、腸を圧迫し、腸が硬くなってしまう場合も便秘の大きな原因になります。

これも妊婦整体(マタニテイ整体)によって、改善する方が多数です。


妊娠中に体重が増えやすい時期とは

妊娠中には、体重が増えやすい時期があります。

もちろん、適度に体重が増えることは必要ですが、生活リズムが変わる時は、体重管理の落とし穴になります。

10か月もの間、妊娠生活を続けていると、大きく生活リズムが変わるときがあります。


体重が増えやすい時期

つわりが終わったとき
つわりの時期はほとんど食べられなかったため、その解放感から、毎日お腹いっぱい食べてしまいがちで、なんでもおいしく感じます。
産休に入ったとき
つらかった通勤や勤務のストレスからやっと、のんびりできるのですが、消費するカロリーは減るのに、食べる量はかわらず、摂取カロリーはそのまま。
イベントがあるとき
周りの友達も比較的若いため、パーティーや食事会などに誘われると、連日高カロリーの食事や間食をたべてしまいます。
里帰りしたとき
出産の為、里帰りしたら、両親や親せきは大歓迎で、栄養をつけねばとご馳走をしてくれます。
また、無理をしてはいけないと、今までしていた家事もほとんどしないので、普通に食べていても太ってしまいます。
臨月に入ったとき
やっとここまで来た
出産までもう少しだという 気の緩みと 赤ちゃんが生まれたら、当分は行けそうにないカフェやレストランに行っておきたいなどという、ちょっと欲張りな気持ち。
医師に安静を指示されたとき
切迫早産 切迫流産など絶対安静をするように言われたら、ほとんど動かないので、カロリーを抑えた食事にしないといけないのですが、、、、

まとめ

色々明記させていただいたように、主に食べる量、カロリーが問題になります。

ある程度、我慢が必要になりますし、家族の協力も大事です。

しかし、そのことがストレスになってしまってはいけません。

もし、甘いものが多かったり、食べ過ぎた翌日には、量を控えめにするなど、調節しましょう。

上手にバランスを取って、急激に体重が増加しないいように、なだらかに増えていくようになればいいですね。

当院では、妊婦整体(マタニテイ整体)により、骨盤矯正をしたり、骨盤の歪みや筋肉のバランスを整え、安産をめざす妊婦さんを応援しています。
お気軽にお問い合わせください。


妊娠中に太りすぎたり、やせすぎたら

妊娠中に太りすぎたり、やせすぎたらどのようなトラブルが起こるでしょうか?



太りすぎたら起こるトラブル

・妊娠高血圧症候群のリスク
妊娠高血圧症候群になってしまうと、母体が子癇発作(妊娠高血圧症候群によって起こった妊産婦 の意識消失やけいれん発作をいいます。そのほとんどは妊娠末期に起こり、この場合、 死亡することも少なくありません)を起こしたり、胎盤機能が低下して赤ちゃんに影響が出る場合もあります。
・妊娠糖尿病のリスク
妊娠糖尿病になると赤ちゃんが巨大児になったり胎内死亡、出生後低血糖発作の危険性があります。

・産道に脂肪がついて赤ちゃんが下りてこれない可能性が高まります。

・微弱陣痛になり、出産が長引く
もし、巨大児だと、子宮収縮が悪くなり、お産が長引きます。

・重い体重が負担になり、腰痛や膝の痛みの原因になる
太りすぎにより、重心バランスが崩れて反り腰になり、腰痛や膝痛になりやすくなります。

・出産後に腎臓病や高血圧症になるリスク
もし、重度の妊娠高血圧症候群になったら、産後も回復せず、慢性的な腎臓病や高血圧症になることがあります。
やせすぎたらどうかというと

・低出生体重児が生まれるリスク
やせすぎのお母さんで妊娠中の体重増加が少なすぎる場合は2500ℊ未満の低出生体重児に

・貧血 体力低下
栄養が不足すると、貧血になったり、出産に耐える体力がなくなる心配があります。

・産後も育児ができないかも
もし出産したとしても、その後の育児は体力が必要です。
産後の肥立ちに影響もあるでしょう。

このように、妊娠中の体重管理はとても大事です。

当院では、妊婦整体(マタニテイ整体)産後の骨盤矯正を通してママを手助けする活動をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。



妊婦さんの理想的な体重増加

妊娠中は体重管理が大事です。

妊娠期間中はおなかの赤ちゃんを育てながら、同時に出産や産後に向かって、お母さんの体を新たに創り上げていくとても大事な時期と言えるからです。

なので、体重が増えすぎても、増えなくてもお母さんや赤ちゃんに影響が出るのです。

お母さんによっては出産時に、体重が15㎏以上増えた人や 5,6㎏しか増えなかった人もいたり、いろいろなのですが、一応 理想的な体重増加というものはあります。



妊娠中の理想的な体重増加は?

妊娠前のお母さんの体重、体型にもよりますが、標準体型の場合は 妊娠中の体重増加は7~10㎏が望ましいでしょう。

大体 1カ月に1㎏を目安に体重管理すればいいでしょう。

これを超えて、どんどん体重が増えると、リスクが高まります。

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の可能性があり、産道に脂肪がつきすぎて難産の恐れも出てきます。

もしも、難産になった場合はその後の体の回復も遅れがちになります。

逆に、何らかの理由で 体重があまり増えなかった時は、低出生体重児が生まれたり、お母さんは貧血やむくみ、体力の低下などが起こったり、産後の生活や育児にすら影響が出てきます。

このように 妊娠中は出産はもちろん 産後の生活も考えて生活を送らなければ行けません。

妊娠中の体重管理の方法は?

ただし、普通のダイエットと妊娠中の体重管理は分けて考えるべきです。

妊娠中は運動はなかなかできないので、体重管理は食事管理が基本になります。

しかも、赤ちゃんのためにも 一日3食きちんとバランスよく、多品目をとりながら、過ごすことが大事です。

また、妊娠中の体の不調はマタニテイ整体(妊婦整体)骨盤矯正で改善可能ですから、ご相談ください。


産前の身体の痛みの原因と症状


産前(妊娠中)は腰痛、股関節の痛み、膝の痛み、尾骨痛、坐骨神経痛が起きやすくなります。

これらは、ほぼすべてがホルモンによる、骨盤のゆるみ(ゆがみ)によっておこります。

それを証拠に、当院で「産前 産後の骨盤矯正」を受けられた大部分の方が改善しているからです。

妊娠中はホルモンの影響で、骨盤など全ての関節が通常の3倍ゆるく、また骨盤のゆがみが出やすいとてもデリケートな時期です。

産後もしばらくは、そのような状態が続きます。

骨盤のバランスが崩れることで起こる症状

骨盤は下半身の中心となる大変重要な場所で、ここがバランスを崩すと、下記のような痛みが起こります。

①腰痛
仙腸関節がずれるからです。
ずれるといっても数ミリですが、まだまだ体重が増えていくマタニティ期には大変なことです。

②股関節痛
股関節は、骨盤に連結していますので、骨盤がずれれば、これもまた、ずれるのは不思議ではありません。
股関節は立った時に、地面からの反発力を受け、それを骨盤に伝える仕組みになっていますから、その中継地点である膝に負担がかかります。

③膝の痛み
お腹の赤ちゃんの重みに耐えかねて、という面も確かにありますが、元は骨盤バランスを崩すことが原因です。
膝の痛みを発症する人も非常に多いです。

④尾骨痛
産前は、比較的少ないですが、骨盤がゆがむと 尾骨の向きが変わるので痛みが出やすいです。
また、床に直接足を伸ばして座ったり、いわゆる体育座りをすると、尾骨が押されて、肛門側に曲がるので、
骨折に近い状態になる場合があります。
こうなると、椅子に座るだけで痛むようになります。
尾骨周辺には、馬尾神経という子宮、卵巣などに深い関係があるとても大事な神経の束がありますので、女性にとっては無視できません。
①~④共、痛いからと言って、その場所を押したり、揉んだり、マッサージしたりしても改善しにくいでしょう。

なぜなら、根本の原因は骨盤にあるからです。まず、ここを調整することが一番大事になります。

当院では、ママの身体や赤ちゃんに全く負担のないソフトな「産前の骨盤矯正」を行います。

12

« 産後骨盤矯正 | メインページ | アーカイブ | 腰痛 »

トップへ

お問い合わせ