• お喜びの声を掲載 お客様の声

コラム

  • 妊娠中の便秘に気を付けましょう
          妊娠中の便秘に気を付けましょう   
    妊娠中の便秘 妊娠中の便秘に悩む方は多いようです。 妊娠したら、ホルモン...
  • 妊娠中はペットに気を付けて
          妊娠中はペットに気を付けて   
    妊娠中はペットとの接し方に注意が必要です。 ペットの口中やオシッコ、便...
  • コロナを防衛する免疫力を作るスープレシピ
          コロナを防衛する免疫力を作るスープレシピ   
    もう今年も  あと3 か月を切ったというのに、 新型コロナウイルスの感染...
  • 外反母趾が原因で体中が痛くなった症例
          外反母趾が原因で体中が痛くなった症例   
    77歳の女性ですが 左足の親指の爪が黒っぽくて、2センチほど盛り上がり、なんとも...
  • 妊婦中の腰痛はマタニテイ整体が有効
          妊婦中の腰痛はマタニテイ整体が有効   
    妊婦さんの腰痛やひざの痛み、脚の付け根(股関節、鼠径部)痛みなどはこれまでは、割...

全ての記事を見る

side_logo.png

どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。084-954-7579
受付時間
9:00-12:00
16:00-19:30 -

★ 9:00-13:00(上記以外の時間もお問い合わせください)

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-8-6

当院までのアクセス

HOME > コラム > アーカイブ > 妊婦整体

コラム 妊婦整体

妊娠中の便秘に気を付けましょう


妊娠中の便秘

妊娠中の便秘に悩む方は多いようです。

妊娠したら、ホルモンバランスが変わり、胎児が大きくなると腸を圧迫するため 

蠕動運動(ぜんどううんどう)が阻害されるため、便秘になりがちです。

運動量が減るのも一因かもしれません。

妊娠中に分泌される黄体ホルモンは腸の働きを鈍くする働きもあります。

ですから、

妊娠するまでは快腸だった人が妊娠したとたんに便秘になっちゃうこともよくあります。

逆に下痢になる人もいます。

下痢はあまり続くと流産のきっかけになり得るので気を付けなくてはいけません。

あまり便秘が長くなると、たまりすぎた便を、反動で出そうとして下痢になることもあります。

便秘も下痢も腹痛やお腹の張りの原因になりますから心配ですね。

便秘で便が硬くなり、切れ痔になり出産が心配になることもあります。

便秘を防いだら、痔にもなりにくいので、規則正しく生活をして、食事に気を付けましょう。

便秘の予防

便秘の予防には食物繊維の多い食材を食べましょう

※妊娠中の方に限りません

食物繊維の多い食べ物は

・さつま芋 特に干し芋が含有量が多い
・ごぼう 食物繊維のほかミネラルも豊富な健康食品
・ニラ 実は肝臓にも良いのです
・こんにゃく カロリーも低くいいですよ 腸をきれいにしてくれます
・プルーン 食物繊維が豊富ですが食べ過ぎると太ります
・大豆 ビタミンE もたくさん
・ライ麦パン 食パンならこちらが豊富に含まれます
あと、ヨーグルト、キムチ、納豆などの発酵食品はビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれます。
その善玉菌のえさとなるのがオリゴ糖で玉ねぎやゴボウ、バナナなどに多く含まれます。

便秘を防ぐには毎日の生活習慣が大事になってきます

・排便リズムを整える
便意があってもなくても朝は必ず同じ時間にトイレに行きましょう。
基本的に午前中は排せつの時間と心得ましょう。

・水分と食物繊維をたっぷり摂りましょう。
前述のとおりです。

・入浴はしっかりと温まる。
血行が悪いと便秘になりやすくなります。

・歩行(ウオーキング)をしましょう。
歩かないと腸も動きません。
お腹に差しさわりない程度に散歩してください。

・上記のことをがんばっても便秘が改善しないようなら、かかりつけ医に相談して、薬を処方してもらいましょう。


そして、骨盤のゆるみや、ゆがみが腸を圧迫して便秘を誘発することもあります。

妊娠中に骨盤矯正をして便秘が改善することはよくあります。

便秘のあるなしにかかわらず妊娠中に骨盤矯正をしたり、

マタニテイ整体を受けることは安産につながりますし、副産物として便秘や下痢が改善することもよぃあります。

腸は骨盤の中にあるので、その入れ物である骨盤を正しい位置にしてあげるのは大切なことです。

ただし、正しい方法(ボキボキなんてもってのほか)でやらないとおなかの赤ちゃんにまで影響がありますから気を付けましょう。





妊娠中はペットに気を付けて


妊娠中はペットとの接し方に注意が必要です。

ペットの口中やオシッコ、便にはたくさんの病原菌が存在します。

現在はコロナ渦という事で、妊婦さんも衛生面には特に気を付けているとは思いますが、やはり人間とペットは違います。

特に気を付けるべきは「トキソプラズマ」によって起こる「トキソプラズマ症」です。

これは猫の糞が感染源らしいです。

健康な人がトキソプラズマに感染してもあまり心配ないですが、妊婦さんは免疫力が低下していますから、胎児に影響を及ぼして、流産や死産、水頭症、視力障害を起こす可能性があります。

これらは「TORCH症候群」といわれています。


感染防止のためには、ペットを清潔に(猫は難しいかも)して、あまり外に出さない、妊婦さんが生肉は摂取しないようにしてください。

その他 ペットから感染する心配がある病気としては

・パスツレラ症
犬や猫のほとんどが口中に持っているとされます。
咬まれたら 人間が発症して、蜂窩織炎を起こしたり重症化すると、敗血症や骨髄炎になります。
咬まれなくても接触で呼吸器で吸い込んで肺炎、気管支炎を起こすことも。

・バルトネラ感染症
猫や犬に噛まれたり、引っかかれたら感染することがあります。
発熱 筋肉痛 頭痛などがおきる。
重症化すると死亡も。

・エキノコックス症
キタキツネや犬に寄生する原虫がエキノコックスです。
感染すると肝機能障害をおこします。

感染防止対策

ペットからの感染を防ぐには

・ペットを触ったら必ず手を手洗いしましょう。
ずっとペットを飼っていると、感覚がマヒしてきて、衛生管理がどうしても杜撰になりがちです。
可愛いのは本当によくわかりますが、動物は人間とは違います。
まだよくわかっていない病原菌を持っている可能性もあります。

・ペットに口移しはダメ
ペットの口の中がはばい菌だらけです。
一生歯を磨かないペットの方が多いでしょう。
なめさせたり、口移しは絶対にやめましょう。


・糞便の処理はきちんとこまめに
早めに処理しないと、フンは乾燥すると空気中を浮遊します。

・生肉をペットに与えない
生肉には病原菌の卵がいるかもしれません。
与えないほうがよいでしょう。
妊婦さんも生肉はNGです。

・ペットも抗体検査を受けさせる
妊婦もペットもそれぞれの病院で抗体検査を受けることをおすすめします。

結論

口や顔をなめるなどの過剰なスキンシップは禁物です。

抵抗力の弱っている妊婦さんには危険な行為です。

せめて、妊娠中はやめましょう。

ペットが排せつした砂はすぐに処理しましょう。

感染症をもらわないように家が飼いがよいでしょう。

また、亀や爬虫類、両生類も触ったらすぐに手洗いしてください。

水槽も雑菌だらけですから、水を替えたりしても すぐ手洗いしてください。

鳥類もインフルエンザなどの媒体となりますから、充分に注意が必要です。

妊婦さんが感染すると、自分だけではなく、お腹の赤ちゃんに影響を与えることになりかねませんから、そのことをよく考えて生活することが大事です。


感染症は妊婦さんや胎児に影響を及ぼしかねない怖い病気です。

それに対して、妊娠に伴い起こる腰痛 股関節や膝などが痛い方や首のコリなどはマタニテイ整体を受けていただくとその場でかなり改善して 安産への道しるべとなります。

妊娠中は胎児に影響を及ぼすかもしれないような検査はできず、 

有効な治療はしてくれないのが現状です。

当院でには産後のママさんのみならず、妊婦さんも大勢来院されており、安産整体を受けておられますのでご安心ください。

妊婦中の腰痛はマタニテイ整体が有効

妊婦さんの腰痛やひざの痛み、脚の付け根(股関節、鼠径部)痛みなどはこれまでは、割と軽く見られていました。

産婦人科の主治医の先生に訴えても、

「お腹が大きいからしょうがない」
「赤ちゃんが生まれたら治りますよ」
「だれでも多少は痛むもの」

とせいぜい、湿布薬を処方される程度でした。

しかし、当の妊婦さんはそうは言われても痛いものは痛いし、何とかしてほしい、生まれれば治るといわれても、今痛いからなんとかしてほしい、痛いのに無事出産できるのか不安、というのが本音ではないでしょうか。

もし、仮にそのまま出産することが出来ても、痛みはそのまま残ったという人も実は多いのです。

妊娠中の痛みの対処法

我慢すればいいのでしょうか?
妊娠中はしょうがないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

マタニテイ整体を受ければ、妊婦さんの痛みは楽になり、出産に自信を持ってのぞめるようになります。

第一、不安ですよね?
我慢しろって、痛みを抱えたまま出産?
痛いのにスポーツの試合に出て、ガチで戦えってことですよね?

しかも、絶対、棄権できませんよ。

でも、

経験者に聞くと、

「陣痛の痛みに比べれば大したことなかった」
「痛いけどなんとかなりました」

と言われます。
確かに何とかなるかもしれない、が、痛みは、ないにこしたことはないはずです。

妊娠中はなぜあちこちが痛くなるのか?

当院には、妊娠9カ月でも腰などの痛みのせいで、足を引きずってこられる方もいます。

そんな時、私は、辛そうだな、何とかしてあげないといけない。

身が引き締まる思いがします。

この妊婦さんの痛みはお腹が大きくなるから、重くなるからという理由だけではない、もう一つの理由があります。


それはリラキシンというホルモンの作用によるものです。

妊娠、出産に伴い分泌されるリラキシンは全身の関節や靭帯をゆるめる作用があるのです。

関節や靭帯がゆるまないと産道から赤ちゃんが出てこれないのです。

リラキシンの作用により、骨盤がゆるむので赤ちゃんが出てこれるのです。


よく、帝王切開分娩だから骨盤はずれてないとか、ゆるんでいないという方がいますが、たとえ、帝王切開であっても、母体には関係ないことなのでリラキシンが分泌されて、骨盤その他の関節や靭帯は緩み、結果、骨盤がゆるむことになります。

あくまで、生まれ来る赤ちゃんのために体は準備しているのです。


このずれた関節や靭帯を支えるために今度は筋肉が支えなくてはなりません。

もし、筋肉の支えがなかったら、骨盤はグラグラ状態で、産後はまともには歩けないででょう。

つまり、妊娠中の体の痛みは筋肉の痛みであるといっても過言ではありません。

産後はそれに加えて育児疲労という問題が絡んできます。


だからといって、筋肉をマッサージしてやればいいのかというとそうではありません。

根本の関節のゆるみを治してやる必要があります。

これは主には骨盤ですが、膝が痛ければ膝関節、手首が痛ければ手関節の矯正ですね。

ところが、妊婦さんが病院なり、治療院などに行ったところで、治療がないか妊婦さんそのものを受け付けてくれないことが多いですね。

これはリアルな妊婦さんたちの声です。

つまり、体の痛みを我慢して出産を待っている妊婦さんがほとんどです。


出産後は育児が待っています。

寝る暇もなくなるかもしれません。

なので、痛みはやはり妊娠中に改善するのが大事ですね。

妊娠中に痛みを取り除けば、出産もしっかりいきむことが出来ます。

マタニティ整体

当院でマタニテイ整体をすると、歩くのもつらかった妊婦さんが帰りにはニコニコしてお帰りになる、という事は日常茶飯事なのです。

実はこのリラキシンホルモンを逆利用すると正しい位置に関節を戻すことが出来るのです。

関節が正しい位置に戻ると、筋肉の緊張も緩むため体が楽になるのですね。


妊娠中、出産前で腰痛や股関節、膝や手首の痛みで悩んでいるかたは、時間の無駄ですから少しでも早くマタニテイ整体を受けてみられたらどうでしょうか?

もちろん、産後の骨盤矯正も随時受け付けています。





妊娠中の股関節の痛み

妊娠中に足の付け根が痛くて歩くのがつらい方は 

珍しくありません。

そして 

当院でマタニテイ整体を受けられる妊婦さんに起こる症状では腰痛に次ぐ多さなのです。


股関節の痛みを残したまま 

出産に臨むのは 

大変不安な事でしょうから、出産までには解消しておかなくてはなりません。

股関節という関節は体の中では最も大きな関節の一つで、

上半身の重みをすべて受け止めています。
(厳密には100%ではありませんが)

妊娠してもお腹が大きく目立ってくるころから股関節の痛みが出現することが多いようです。

これはおなかの赤ちゃんが育ち、赤ちゃんの体重が加わるからだと思われます。

それに、

妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌されて 

体中の関節や靭帯を緩める作用があります。

それもまた、股関節にかかる負担が増える原因でもあります。

歩くとき、立ちすわり、寝返り、上に子がいれば抱っこ、などの時、鼠径部(ソケイ)やお尻の骨が出っ張った所が痛むのです。

最初のうちは鈍痛でも段々と鋭い痛みに変化して、脚を組み替えるだけでも激痛を感じたりします。

それを我慢していると腰痛やひざ痛を誘発しますから、股関節の痛みはなるべく早く処置しないとなりません。

そもそも股関節は骨盤の一部です。

股関節が痛むという事は骨盤がゆがんでいるということです。

すなわち産前の骨盤矯正によって、

骨盤のゆがみが解消されれば、

股関節の異常も無くなるということになります。

ただし、

股関節の痛みが長く続いている場合は骨盤のゆがみだけではなく、

周りの筋肉も硬くなって柔軟性も失っていますから、

筋肉のケアも必要になってきます。

筋肉をほぐして柔らかくしてあげないといけません。

でも妊娠中という事もあり 

おなかの赤ちゃんのことを考えて慎重なアプローチが必要になります。

やみくもに押したり揉んだりすることは厳禁です。

ちゃんと骨や筋肉・靭帯・子宮などの内臓との位置関係等を充分把握し理解したうえで施術するべきです。

特に股関節は赤ちゃんの部屋である子宮に近く、なかなか触りずらい場所であり、妊婦さんでなくても難しい場所なのです。

そして意外ですが、

右の股関節は左の肩関節、左の股関節は右の肩関節と連動しています。

つまり密接な関係があります。
(相同関係といわれます。)

ですから妊娠中にかかわらず、

右肩の痛みや可動制限が左股関節を調整したら改善する 

というようなことがよくあるのです。


股関節は単純な関節では決してありません。

かなり繊細な観察をしながら矯正するのが大事です。

でも、ちゃんとした処置さえできれば、

股関節自体を触ることなくあっけなく良くなることも多々あるところでもあります。

もし、股関節に痛みを残したまま出産 

という事になれば、

思い切りいきめないし、大きな不安材料になります。

出産は何があるか分かりません。

なるべく、不安を取り去って臨みましょう。

福山市の寺岡はりきゅう接骨院では、

妊娠中の腰痛、股関節痛、脚や首の痛み 逆子などに対して多くの経験を踏まえて対処しております。

妊娠中に少しでも気になることがあればお気軽にご相談ください。



骨盤がゆがむと子宮もゆがむ

骨盤がゆがむと子宮もゆがむ!?

最近は本来は丸い形であるべき子宮がゆがんでしまっている女性が多いそうです。

ここ数年で、女性の体は弱くなってしまいました。


妊娠して、出産するという一大事をこなすには、非力すぎるし、筋力も弱すぎるのです。


昔の日本では、掃除や洗濯などの家事はすべて自分の力で行い、車や電車に乗る事もなく、よく歩いていました。

生活様式も和式で、足腰が自然と鍛えられていました。

現代では、身体は楽ばかり。

骨盤を支える筋肉も弱くなり、その中の子宮も筋肉でできていますから、ゆがんで当然といえます。

快適すぎる生活がゆがんだ子宮を作り、そのために女性が苦しむのは皮肉かもしれません。


子宮は文字通り赤ちゃんの家ですから、ゆがんでいては窮屈に違いありません


赤ちゃんが自由に動けないのはかわいそうではありませんか?

そのせいで、重いはずの頭が、下に来ず逆子になる人も多いのです。

赤ちゃんは居心地が悪いし、せまくて苦しいですよね。

ゆがんだお家に住んでいた赤ちゃんは生まれた時から、体がゆがんでいたり、固かったりするのです。

なので、夜泣き、疳の虫が多いのです。

元気で健康な赤ちゃんを生むためにも、骨盤矯正は産前にも実は必要なのですね。

骨盤矯正は、ママさんの腰の痛みやその周辺の不快感を改善するためだけではなくて、赤ちゃんの正常な成長のためにも必要なのです。

ゆがんだままの骨盤なのにいくら高度な不妊治療を施しても、本末転倒かもしれません。

運良く妊娠しても、流産や早産の確率が高まります。

だって、赤ちゃんが住むのは、子宮なんですから。

子宮が赤ちゃんのお家になります。

だからといって、我々は子宮を直接触るわけにはいきません。

子宮が入っている容器→骨盤を矯正することで子宮を赤ちゃんの住みやすい良い形にする事は出来るのです。


もしも産前に骨盤矯正ができなかったら、産後は必ずししましょう。

そうすることによって、子宮の戻りが早くなり、腰痛、股関節の痛みも早期に改善します。

それは早ければ早いほど良いのです。

なぜなら、産んですぐの方が骨盤がやわらかく、もとどおりの正常な形に早く戻ってくれるからです。

鉄は熱いうちに打て、ですね。


もしも子宮がゆがんでしまったら、

他の臓器に影響がある事は想像に難くないでしょう。

妊娠中に便秘になる事は非常に多いのですが、出産しても便秘が続くとなると、骨盤がゆがんだままの状態であるといえます。

なるべく早くの骨盤矯正をお勧めします。

又、同じ理由で、産後に生理不順になったり、生理痛が強くなったり、尿もれがおこる、という事もめずらしくありません。

つまり、女性にとって、骨盤のゆがみを矯正するという事は、一生を通じて大切な事なのです。


当院で産後の骨盤矯正をしたお客さま

「さあ、これで骨盤はきれいな形に戻りましたが、もう、すぐ妊娠してもおかしくないですよ。」

とお伝えすると、不思議な顔をするママが多いのですが、実際、その一年後に、

「2人目産まれました」

と報告してくれるのは珍しくありません。

全然、不思議ではなく、当たり前のことです。

「だから、言ったでしょ?」

「気をつけてね」

って、言うのですが、皆さん、喜んでくれるので、本人にとっては嬉しい誤算というところでしょうか。

しかも、前回よりもお産がスムーズで安産、妊娠中も快適だったと聞く事が多く、本当に嬉しい限りです。


おこがましいかもしれませんが、1人の女性の人生に寄与をして、その人の幸せに貢献できたかもと思える至福の時なのです。


結論

女性は出産する、しないに関わらず、骨盤矯正をするべき。

それは女性のクオリティ オブ ライフ(生 活の質)を高めることになります。

ただし、正しい方法で矯正しましょう。

なんでも良いわけではありません。

間違ったやり方であれば、一生を台無しににしてしまう事になります。

特に、骨盤を無理やりにひねったり、ボキボキするのは骨盤矯正とは言えませんから、絶対にやめてください!

福山市で産後骨盤矯正を受けるのはどんな人?


福山市の寺岡はりきゅう接骨院で産後の骨盤矯正を受けられるのはどんな人が多いのでしょうか?


どんな人が産後の骨盤矯正を受けるべきか

これはズバリ以下のような人です

産後 腰が痛いママ
妊娠中からホルモンの作用であらゆる関節が緩みます。

特に出産に一番大切な骨盤が開いていくため腰が痛みます。

関節が緩むという事は関節が外れるという事です。

関節が外れたら当然痛みます。

痛みというのは大事なサインです。

「これ以上は体が壊れますよ」というサインです。

これを痛み止めなどで抑えても、本体は治っていませんから、薬の効き目が切れたら、痛みは余計にひどくなります。

腰痛があると子育ては非常につらいですね。

おむつ替え、抱っこ、授乳、沐浴などなど育児にかかわるほぼすべてに腰はかかわってきます。

産後の骨盤矯正をどうしようかと悩んでいる人も多いと聞きます。

私から言わせると、悩む暇があったらすぐに来て楽になりましょうと言いたいところです。

一日でも早く産後の骨盤矯正をして 是非、育児を楽しんでほしいと思います。

産後 恥骨(股関節)が痛いママ
これも案外多い症状です。

ただ、恥骨(股関節)も骨盤の一部ですから、骨盤を矯正すると自動的に正しい位置に戻るのが理屈です。

出産のときに、恥骨も開く(緩む)必要があります。

ここが痛む人は腰だけが単に痛む人よりもちょっと時間が必要かもしれません。

恥骨そのものを直接触って矯正することはほとんどありません。

直接触るのは特別なパターンといえます。

産後 膝が痛いママ
産後、膝が痛む人も非常に多いです。

当院に来られる産後ママの3人に1人は膝痛を訴えています。

これは前述のように、産後全身の関節が緩むのと相まって、育児で立ちすわりが増えるからです。

改めて考えると、子育てというのは立ったり座ったりの繰り返しが非常に多いなと感じます。

私も昔、育児を経験しています。

今でいうイクメン?というやつでしょうか。

ただ、ことさらイクメンを意識していたのではなく(女房が怖かったのでもありません)ただただ単純に赤ちゃんが可愛かったのです。

他人様の赤ちゃんがあんなに可愛いのに、わが子はとてつもなく可愛かったです。

だから、ちょっとでも触れ合いたかったのです。

今日という日はもう二度とこない、かわいがれるのは今だけ、と毎日思いながら、おむつを替えたり、風呂に入れたりしていました。


皆さん、一緒ですよね?

話はちょっとそれましたが、ママが一生懸命育児を頑張れば頑張るほど、膝が痛くなるようです。

で、この膝ですが決して膝だけの問題ではなく、その上の股関節やひいては、その上の骨盤に関係してきます。

産後は関係なくても膝痛の原因の半分は膝以外にあります。

ですから、膝を治療しなくても骨盤を矯正することで良くなることは多々あります。

しかし、それでも痛みが取れない場合は膝に直接アプローチする必要があります。

その場合も当院では効果的な対処法で臨みます。

産後 尿もれが治らない
尿もれは、妊娠中に子宮が大きくなって

膀胱を圧迫するようになると始まる人が多いようです。

ところが、出産して子宮による膀胱の圧迫がなくなっても尿もれが治らない人が多いのです。

骨盤や膀胱を支える骨盤底筋が出産によってダメージを受けたため、尿がもれてしまう、ということです。

要は骨盤底筋を鍛えて強くすれば改善するので、病院などでは尿もれ体操を勧められます。

確かにこの体操は効果的なのですが、いかんせん筋肉が強化されるには時間がかかります。

その点、産後の骨盤矯正はすぐに効果がでることも珍しくありません。

女性の場合、陰部神経叢など大事な器官が骨盤内に詰まっていますから、骨盤矯正で尿もれに限らず、様々な症状が改善されることが多いのです。

尿もれの場合、知らない間にもれていたり、咳やくしゃみなど、下腹に力が瞬間的にかかった時にもれる、トイレが間に合わない、などいろんな
タイプがありますが、まずは骨盤矯正をすることをお勧めします。

寺岡はりきゅう接骨院から皆さまへ

このように、産後の骨盤矯正は痛みや尿もれのある人には必ず受けていただきたいのですが、

中には産後なんにも痛み等の症状がないという人もいます。

そのような人も当院に来られますが、いざ診てみると少なからず、骨盤がゆがんでいます。

人には痛みを感じやすいタイプとあまり感じないタイプがあります。

痛みを感じないような人も骨盤のゆがみを放置すると、骨盤内の臓器の異変が将来的に現れたり、不妊の原因になったりすることは経験的に大いに感じます。

ですから、産後特になんら症状がない人も骨盤のチェックを受けてほしいと思います。(まれに骨盤のゆがみが全くない人もいます)

産後はなるべく早く、骨盤をリセットするべきです。

骨盤がまだ、柔らかいうちに(産後3カ月以内が望ましい)

早く骨盤をリセットすることで、痛みや尿もれから解放されるでしょう。

当院の骨盤矯正は痛くありません。

ボキボキしません。

痛いとか、ボキボキとか、怖い、とか論外です。

特に産後の女性の骨盤はとてもデリケートです。

ボキボキひねったりしたら一発で壊れますよ!

常識で考えてください。

一生困りますよ!

これは、産後に限りません。

体に優しく、理にかなった骨盤矯正が必要です。

妊婦の半分以上が腰痛を経験する

妊婦さんの半分以上腰痛を経験しているといわれます。

妊娠中はお腹の胎児が成長するにしたがって女性の体はさまざまな変化をします。

ただ、お腹が前にせり出すからだけではなく、妊娠中に分泌されるホルモンにより、筋肉や靭帯が緩みます。

また、姿勢が変化することで今まで経験したことのない、負担が各部分にかかってきます。

妊娠16週目位から、下腹部の膨らみを自覚できるようになります。

そのふくらみのぶんだけ重心は前方に移動します。

その時、バランスをとるため、骨盤を後ろに傾けていきます。

さらに妊娠が進むともっと前方に偏った姿勢になります。

妊娠後期になるとこの姿勢を保てなくなるので、さらに腰椎は前弯を強め、腰周辺の筋肉を傷めたり、神経性の腰痛になったりします。

それに加えて、出産や育児に対する不安等、心理的な要因も腰痛をもたらす原因となります。

妊娠中の腰痛を予防することは出産前後のQOL(Quality of  Lifeの略 生活の質の意)

に大きくかかわってくるのです。

妊娠中の腰痛ケア

妊娠中の腰痛には簡単なストレッチでも効果が期待できます。

妊娠中の家事は腰の負担を増やさぬよう、楽な姿勢で行うようにしてください。

特に前かがみになる姿勢には気を付けてください。

また、出産後も腰痛は続くことがあります。

妊娠中に腰痛がなかった人でも、出産後に腰痛が出たという人はかなりの割合でいます。

腰痛を抱えながら、家事や育児をすることがないよう、妊娠中からしっかりケアするほうがよいでしょう。

妊娠中の腰痛は、はいろんな医療機関にいっても治療してくれなかったり、断られたりすることが多いようです。

しかし、たとえ妊娠中であっても、ケアはできます。

適切なケアをすれば腰痛なく楽に過ごすことができるはずです。

たとえば、ゆるやかな骨盤矯正によるマタニテイ整体、ストレッチ、ツボ療法、鍼灸、などです。

福山市の寺岡はりきゅう接骨院では、妊婦さん、産後のママがさまざまな悩みを抱えて、大勢来られます。

妊娠中の腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。


余談ですが・・・

赤ちゃんが骨盤内に降りてくる妊娠後期には赤ちゃんが、子宮の前方にある、膀胱を圧迫して、尿もれを起こすことがよくあります。

これはあるていど仕方のない現象かもしれません。

しかし、出産してしばらくたつのに尿もれが続くならば、妊娠に基ずくホルモンの影響で、膀胱を取り巻く筋肉や靭帯が緩んでいたり、骨盤そのものがゆがんだままのことが多いのです。

その場合はインナーマッスルを鍛えたり、産後の骨盤矯正をする必要があります。



妊娠中毒症をご存知ですか?

妊娠中毒症という言葉を聞いたことありますか?

妊娠中のママに高血圧や、尿たんぱくやむくみが出るような症状です。

妊娠中毒症は、最近では、段々少なくなってきていますが、

もしも重症化してしまうと、ママだけではなく、赤ちゃんにも影響が出る怖い病気なのです。

妊娠中毒症は、ママさんの努力によって予防できる可能性があります!

①妊娠中に太り過ぎない
出産前には、8〜10キログラムの体重増加で抑えましょう。

多くて12キログラムまでです。

太り過ぎたママさんが全員 妊娠中毒にになるわけではないですが、やはり、太り過ぎは可能性は高まります。

また、肉や、脂肪のため、難産になる確率は高まります。

また、実際、そういうママさんのお話はよく聞くところです。

妊婦に限らず、肥満になって良い事は一つもないのですが。

②妊婦健診にしっかりと通う
わが国においては、妊婦さんは、母子手帳をもらって、病院に通院することになります。

驚いた事に、通院をサボる人がいますが、この日本の素晴らしい制度を使わないのは、大変もったいない事です。

最初のうちは4週間に一回から、二週間に一回、1週間に一回と、段々と間隔が短くなります。

これは妊娠中毒症が妊娠後半に多く、早く、見つけるのが、大きな目的だからです。

いくら気をつけていても、妊娠中毒症になる事はありますが、多くは何事もなく、出産すれば、自然に治りますが、重症化すると、不育症や、お腹の

中での突然死、最悪は母体も命が危なくなる事になるため、早期発見、早期治療が大変、重要です。

そして、晴れて無事に出産したあとは産後の骨盤ケア(矯正)をして、育児に備えましょう。

帝王切開を選択するのはどんな時?


帝王切開を選択する時は、自然なお産が難しいな、と判断された場合ですが、それはどんな時でしょうか?
 

大きく4つの理由が考えられます。
①難産である
②前回が、帝王切開
③逆子
④胎児切迫仮死

それ以外にも以下の二つは帝王切開が必要とされています。
◯前置胎盤
子宮の出口を本来ならそこにない胎盤が、ふさいでしまい、赤ちゃんが出てこれない。

◯胎盤早期剥離
普通は赤ちゃんが生まれたあと、子宮から剥がれるべき、胎盤が出産前に剥がれてしまい、
赤ちゃんは死亡するか、生まれても早逝する事が、ほとんどで、ママも危険な状態です。
(私の妻がこれを経験しています)

帝王切開になる理由

①難産
難産とは陣痛が始まっても、なかなか、下りてこなかったり、陣痛促進剤を使っても無理な場合で緊急帝王切開になる事が多いです。

②前回が、帝王切開
前回帝王切開した場合、その理由が重要です。
難産や児頭骨盤不適合(ママの骨盤が、小さいか、赤ちゃんの体が大きすぎる)で帝王切開した場合は次め帝王切開になるでしょう。
逆子だったからという理解だけで帝王切開した場合は、下から産めると判断される事めあります。

③逆子
逆子で赤ちゃんの頭が上で、お尻が下にある時は、仮死率が高まるため、帝王切開を勧める事が多いでしょう。
日本も訴訟社会になりつつある為、やむを得ないかもしれません。

④胎児切迫仮死
胎児切迫仮死は分娩監視装置などにより、赤ちゃんの心拍数の変化から、元気がなく、危ないと判断された場合です。
また、最近では双子や三つ子など、多胎妊娠の時も帝王切開が多いです。

  • ※逆子は妊婦(マタニティ)整体お灸で改善する場合もあります。
  • また、産後は必ず産後の骨盤矯正をしましょう 産後の回復が違います。

妊娠中や産後の貧血

妊娠中や産後の貧血はどうして起こりやすいのでしょうか?


一般に若い女性に多く見られますが血液検査で初めて「鉄欠乏性貧血」と言われて、びっくりすることも多いでしょう。
妊婦さんにも「鉄欠乏性貧血」がみられます。

これは母親や赤ちゃんの健康状態に重大な影響をおよぼす危険性があり、見逃すことはできません。

貧血とは

貧血とは、赤血球あるいはその中のたんぱく質であるヘモグロビン濃度が減少し、血液の濃度が薄くなってしまった状態です。
女性では12ℊ/dl以下になると貧血であるとされています。
妊娠中の貧血の基準は11.0g/dl未満が基準になっています。

妊娠中の貧血

妊娠中は血漿量が増加し妊婦さんは水血症になり、ヘモグロビン値が減少するため、 
貧血になりやすくなります。
水血症の状態によって、血漿粘度が低下する。
この低下は循環血液量を増加させます。
こうなると、子宮・胎盤系の血液量が増加して、胎盤の血栓や塞栓が作られにくくなっているのです。

実は 妊娠中の女性の体の中では赤ちゃんの発育と造血のため、鉄分が必要ですから妊娠前より多くの鉄分が必要になります。
この傾向は赤ちゃんが大きくなればなるほど大きくなります。
そのため、ママの貯蔵している鉄分までが使われていきます。
この結果、急激な鉄分の需要に吸収がおいつかなくなり、鉄欠乏性貧血が引き起こされると考えられます。
これにはつわりによって鉄分やアミノ酸などの摂取量が減ることによって発生する可能性もあります。

また、若い時の無理なダイエットが体内の貯蔵鉄の減少をまねくことがあります。
妊婦さんが鉄欠乏性貧血になるかどうかは、妊娠中というよりも妊娠前の貯蔵鉄が、どれだけ蓄えられているかが大事とされています。

出産直後は、脱水気味なので、検査をしても貧血が見逃される可能性があることに注意が必要です。
妊娠中や産後は、妊婦整体や産後の骨盤矯正をするだけではなく、栄養状態にも充分なケアをするべきでしょう。


123

« 産後骨盤矯正 | メインページ | アーカイブ | 腰痛 »

トップへ

お問い合わせ