• お喜びの声を掲載 お客様の声

コラム

  • 変形性膝関節症は進行する
          変形性膝関節症は進行する   
    変形性膝関節症は関節軟骨がすり減る病気なのですが、その度合いと症状から3つの期に...
  • 赤ちゃんの訳わからない夜泣きに小児ハリ
          赤ちゃんの訳わからない夜泣きに小児ハリ   
    生後すぐの泣きは不安のしるし 生まれてすぐの赤ちゃんは一日中泣いています。...
  • 腰痛 ひざ痛の人の日常生活での注意点
          腰痛 ひざ痛の人の日常生活での注意点   
    腰痛やひざ痛のある方に対して日常生活における注意点があります。 主婦の方にも腰...
  • 骨盤がゆがむと子宮もゆがむ
          骨盤がゆがむと子宮もゆがむ   
    骨盤がゆがむと子宮もゆがむ!? 最近は本来は丸い形であるべき子宮がゆがんで...
  • 変形性膝関節症になりやすい人とは?
          変形性膝関節症になりやすい人とは?   
    変形性膝関節症になりやすい人とはどんな人でしょうか? そもそも病気には何ら...

全ての記事を見る

side_logo.png

どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。084-954-7579
受付時間
9:00-12:00
15:00-19:30 -

★ 9:00-13:00(上記以外の時間もお問い合わせください)

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-8-6

当院までのアクセス

HOME > コラム > アーカイブ > 産後の尿もれ

コラム 産後の尿もれ

妊娠 出産によって骨盤底筋がゆるむ

多くの女性が妊娠 出産によって骨盤底筋がゆるみます。

福山市の寺岡はりきゅう接骨院に産後の骨盤矯正に来られるママさんの多くが尿もれ・尿失禁、場合によっては便失禁を訴えられます。

あるいは尿意・便意を感じにくい方もおられます。

骨盤底筋は骨盤内の臓器(子宮 膀胱 腸など)を支えるだけではなく、尿道や膣・肛門を締める働きをしています。

妊娠で子宮が大きくなってくると、膣や肛門が圧迫され、出産時には膣に強い力がかかります。

そして骨盤底筋が切れてしまったり、伸びてしまうというような大きなダメージを受けてしまいます。

骨盤底筋がゆるむ原因

妊娠・出産だけではなく(これが一番大きいですが)

他にも 

肥満・運動不足・便秘・老化 

などがあげられます。

肥満になると、体内脂肪が増加して骨盤内臓器が圧迫されるので、骨盤底筋にも圧力がかかります。

便秘をすると直腸が膨張して、骨盤内で他の臓器が押されて排便時にいきむとき骨盤底筋が圧迫されます。

また、運動不足や加齢によって女性ホルモンの分泌が低下すると内臓を支える骨盤底筋の力が衰えることになります。

しかし、なかなか骨盤底筋のゆるみはなかなか実感しにくいものかもしれません。

骨盤底筋のゆるみチェック項目
以下にあげる下半身の変化から骨盤底筋のゆるみがある程度判断できるかもしれません。

1.ヒップが横にひろがって下半身が太くなり、ズボンが入りにくくなった

2.下腹が出てきた(ポコン腹ぐらいならかわいいですが)➡内臓を圧迫する  

3.お尻がたれてきた➡内臓を支える力がなく下がる

4.お尻が左右不均等➡骨盤底筋に左右アンバランスに体重がかかっている

などの変化があり 

以前よりトイレに行く回数が増えた方は骨盤底筋がゆるんでいる可能性が大いにあります。

産後の女性の尿もれのほとんどは「腹圧性尿失禁」と思われます。

お腹に強い圧力がかかると尿がもれてしまうのです。

患者さんのほとんどは女性で二回以上の出産経験者はその発症率が高くなるとされています。

咳をしたとき、くしゃみ、笑った時、走った時、スポーツをしたとき、重いものを持ったとき、階段の上り下りの時などにもれてしまいます。

妊娠・出産で骨盤底筋がゆるむと共に尿道をしめる筋肉(尿道括約筋)もゆるんでしまうのです。


ゆるんだ骨盤底筋を治すためには骨盤底筋体操が有名で効果があることもわかっています。

色々なパターンが考案されていますが要は肛門や膣を締めるようにトレーニングすれば良いのです。

ただ、すぐには効果はでませんから最低2か月は継続しなければいけません。


そこでよくよく考えてみますと、妊娠・出産で痛めた、あるいはゆるんだ骨盤底筋ですが、

子宮や膀胱なども含めて、すべて骨盤内の臓器ともいえます。

ならばその骨盤内の臓器の入れ物である骨盤そのものの骨格を正しい位置に戻すのが先決ではないかと考えます。


入れ物(骨盤)がゆがめば➡中身(臓器)もゆがむといえます。

まず臓器の入った器を直しましょう。

これをみても、産後の女性にとって骨盤矯正の必要性は非常に高いと言えます。

尿もれのみならず、便秘や産後太り、腰痛、恥骨痛など 様々な産後の症状の悩みの改善にお応えできるのではないでしょうか。


福山市で産後骨盤矯正を受けるのはどんな人?


福山市の寺岡はりきゅう接骨院で産後の骨盤矯正を受けられるのはどんな人が多いのでしょうか?


どんな人が産後の骨盤矯正を受けるべきか

これはズバリ以下のような人です

産後 腰が痛いママ
妊娠中からホルモンの作用であらゆる関節が緩みます。

特に出産に一番大切な骨盤が開いていくため腰が痛みます。

関節が緩むという事は関節が外れるという事です。

関節が外れたら当然痛みます。

痛みというのは大事なサインです。

「これ以上は体が壊れますよ」というサインです。

これを痛み止めなどで抑えても、本体は治っていませんから、薬の効き目が切れたら、痛みは余計にひどくなります。

腰痛があると子育ては非常につらいですね。

おむつ替え、抱っこ、授乳、沐浴などなど育児にかかわるほぼすべてに腰はかかわってきます。

産後の骨盤矯正をどうしようかと悩んでいる人も多いと聞きます。

私から言わせると、悩む暇があったらすぐに来て楽になりましょうと言いたいところです。

一日でも早く産後の骨盤矯正をして 是非、育児を楽しんでほしいと思います。

産後 恥骨(股関節)が痛いママ
これも案外多い症状です。

ただ、恥骨(股関節)も骨盤の一部ですから、骨盤を矯正すると自動的に正しい位置に戻るのが理屈です。

出産のときに、恥骨も開く(緩む)必要があります。

ここが痛む人は腰だけが単に痛む人よりもちょっと時間が必要かもしれません。

恥骨そのものを直接触って矯正することはほとんどありません。

直接触るのは特別なパターンといえます。

産後 膝が痛いママ
産後、膝が痛む人も非常に多いです。

当院に来られる産後ママの3人に1人は膝痛を訴えています。

これは前述のように、産後全身の関節が緩むのと相まって、育児で立ちすわりが増えるからです。

改めて考えると、子育てというのは立ったり座ったりの繰り返しが非常に多いなと感じます。

私も昔、育児を経験しています。

今でいうイクメン?というやつでしょうか。

ただ、ことさらイクメンを意識していたのではなく(女房が怖かったのでもありません)ただただ単純に赤ちゃんが可愛かったのです。

他人様の赤ちゃんがあんなに可愛いのに、わが子はとてつもなく可愛かったです。

だから、ちょっとでも触れ合いたかったのです。

今日という日はもう二度とこない、かわいがれるのは今だけ、と毎日思いながら、おむつを替えたり、風呂に入れたりしていました。


皆さん、一緒ですよね?

話はちょっとそれましたが、ママが一生懸命育児を頑張れば頑張るほど、膝が痛くなるようです。

で、この膝ですが決して膝だけの問題ではなく、その上の股関節やひいては、その上の骨盤に関係してきます。

産後は関係なくても膝痛の原因の半分は膝以外にあります。

ですから、膝を治療しなくても骨盤を矯正することで良くなることは多々あります。

しかし、それでも痛みが取れない場合は膝に直接アプローチする必要があります。

その場合も当院では効果的な対処法で臨みます。

産後 尿もれが治らない
尿もれは、妊娠中に子宮が大きくなって

膀胱を圧迫するようになると始まる人が多いようです。

ところが、出産して子宮による膀胱の圧迫がなくなっても尿もれが治らない人が多いのです。

骨盤や膀胱を支える骨盤底筋が出産によってダメージを受けたため、尿がもれてしまう、ということです。

要は骨盤底筋を鍛えて強くすれば改善するので、病院などでは尿もれ体操を勧められます。

確かにこの体操は効果的なのですが、いかんせん筋肉が強化されるには時間がかかります。

その点、産後の骨盤矯正はすぐに効果がでることも珍しくありません。

女性の場合、陰部神経叢など大事な器官が骨盤内に詰まっていますから、骨盤矯正で尿もれに限らず、様々な症状が改善されることが多いのです。

尿もれの場合、知らない間にもれていたり、咳やくしゃみなど、下腹に力が瞬間的にかかった時にもれる、トイレが間に合わない、などいろんな
タイプがありますが、まずは骨盤矯正をすることをお勧めします。

寺岡はりきゅう接骨院から皆さまへ

このように、産後の骨盤矯正は痛みや尿もれのある人には必ず受けていただきたいのですが、

中には産後なんにも痛み等の症状がないという人もいます。

そのような人も当院に来られますが、いざ診てみると少なからず、骨盤がゆがんでいます。

人には痛みを感じやすいタイプとあまり感じないタイプがあります。

痛みを感じないような人も骨盤のゆがみを放置すると、骨盤内の臓器の異変が将来的に現れたり、不妊の原因になったりすることは経験的に大いに感じます。

ですから、産後特になんら症状がない人も骨盤のチェックを受けてほしいと思います。(まれに骨盤のゆがみが全くない人もいます)

産後はなるべく早く、骨盤をリセットするべきです。

骨盤がまだ、柔らかいうちに(産後3カ月以内が望ましい)

早く骨盤をリセットすることで、痛みや尿もれから解放されるでしょう。

当院の骨盤矯正は痛くありません。

ボキボキしません。

痛いとか、ボキボキとか、怖い、とか論外です。

特に産後の女性の骨盤はとてもデリケートです。

ボキボキひねったりしたら一発で壊れますよ!

常識で考えてください。

一生困りますよ!

これは、産後に限りません。

体に優しく、理にかなった骨盤矯正が必要です。

妊婦の半分以上が腰痛を経験する

妊婦さんの半分以上腰痛を経験しているといわれます。

妊娠中はお腹の胎児が成長するにしたがって女性の体はさまざまな変化をします。

ただ、お腹が前にせり出すからだけではなく、妊娠中に分泌されるホルモンにより、筋肉や靭帯が緩みます。

また、姿勢が変化することで今まで経験したことのない、負担が各部分にかかってきます。

妊娠16週目位から、下腹部の膨らみを自覚できるようになります。

そのふくらみのぶんだけ重心は前方に移動します。

その時、バランスをとるため、骨盤を後ろに傾けていきます。

さらに妊娠が進むともっと前方に偏った姿勢になります。

妊娠後期になるとこの姿勢を保てなくなるので、さらに腰椎は前弯を強め、腰周辺の筋肉を傷めたり、神経性の腰痛になったりします。

それに加えて、出産や育児に対する不安等、心理的な要因も腰痛をもたらす原因となります。

妊娠中の腰痛を予防することは出産前後のQOL(Quality of  Lifeの略 生活の質の意)

に大きくかかわってくるのです。

妊娠中の腰痛ケア

妊娠中の腰痛には簡単なストレッチでも効果が期待できます。

妊娠中の家事は腰の負担を増やさぬよう、楽な姿勢で行うようにしてください。

特に前かがみになる姿勢には気を付けてください。

また、出産後も腰痛は続くことがあります。

妊娠中に腰痛がなかった人でも、出産後に腰痛が出たという人はかなりの割合でいます。

腰痛を抱えながら、家事や育児をすることがないよう、妊娠中からしっかりケアするほうがよいでしょう。

妊娠中の腰痛は、はいろんな医療機関にいっても治療してくれなかったり、断られたりすることが多いようです。

しかし、たとえ妊娠中であっても、ケアはできます。

適切なケアをすれば腰痛なく楽に過ごすことができるはずです。

たとえば、ゆるやかな骨盤矯正によるマタニテイ整体、ストレッチ、ツボ療法、鍼灸、などです。

福山市の寺岡はりきゅう接骨院では、妊婦さん、産後のママがさまざまな悩みを抱えて、大勢来られます。

妊娠中の腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。


余談ですが・・・

赤ちゃんが骨盤内に降りてくる妊娠後期には赤ちゃんが、子宮の前方にある、膀胱を圧迫して、尿もれを起こすことがよくあります。

これはあるていど仕方のない現象かもしれません。

しかし、出産してしばらくたつのに尿もれが続くならば、妊娠に基ずくホルモンの影響で、膀胱を取り巻く筋肉や靭帯が緩んでいたり、骨盤そのものがゆがんだままのことが多いのです。

その場合はインナーマッスルを鍛えたり、産後の骨盤矯正をする必要があります。



産後は骨盤底筋が弱り尿もれが起きやすい


なぜ産後に尿漏れが起きやすいかご存知ですか?

産後は骨盤底筋群がが弱って尿もれが起きやすいと言われています。

「腹圧性尿失禁」の原因は?

「腹圧性尿失禁」は、重いものを持ったり、咳やくしゃみなど お腹に急に力が入った時に尿がもれてしまう症状のことを言います。

原因は・・・骨盤底筋群にあります。

骨盤底筋群は、ほかの筋肉と同様で年を取ると弱ってしまい膀胱や尿道を支える力が無くなって尿もれを起こします。

出産後の女性は若いから筋肉が弱ることはないだろうと思いがちですが、

産後の尿もれは加齢とは違い、妊娠や出産で骨盤底筋群が傷んだために起こるのです。

妊娠期間中は重い赤ちゃんを支えるのも骨盤底筋群の仕事です。

出産では、赤ちゃんが生まれるとき、骨盤の筋肉がぎゅーっと引っ張られるため、筋肉は薄くなり、傷ついて緩んでしまいます。

骨盤底筋群が緩むとどうなるのかというと

骨盤底筋群の上に乗っていた膀胱がぐらぐらの不安定な状態になります。

つまり、ゆるんでぐらぐらになった尿道や膀胱の出口のあたりが、正常な位置からお尻の方にずれます。

尿道も下にずれてしまい、尿道を締めるために働いていた骨盤底筋群も働かなくなってしまうのです。

骨盤底筋群がゆるんでしまうと、膀胱や尿道がぐらつき、お腹に力がかかった時に、膀胱から尿が押し出されるように、もれてしまうのです。

腹圧性尿失禁の治療方法は?

腹圧性尿失禁の治療には病院では投薬や手術があります。

薬は根本原因を治すものではなく、症状を起こすのを減らすためのものです。

構造的に治すものではありません。

ですから、その薬が合い、症状がとれたとしても、薬を飲むのをやめればまた もれるという事になります。
(その間に骨盤底筋群を強くすれば良いかもしれません。)

また、尿失禁のうち、手術で治るのは腹圧性尿失禁だけとされています。

ですが、手術は尿もれがよっぽどひどい場合に適用です。

産後の尿もれにはまだ早いでしょう。

寺岡はりきゅう接骨院からのご提案

当院では、尿もれに「歩行(ウオーキング)」をお勧めしています。

歩行は続ければ骨盤底筋の体操よりも効果が高いと思います。

毎日30分以上がおすすめです。

また、なんといっても産後の骨盤矯正が必要ですね。

*効果には個人差があります

産後に多い尿もれの症状につて

産後の女性に多い尿漏れの種類は実はたくさんあります。
特に多いのは、腹圧性尿失禁です。
あまり聞きなれない言葉ですよね??

尿漏れの種類・症状を具体的にご説明させて頂きます。

尿もれには色々なタイプがある

尿がもれるという症状は同じでも 原因や症状は5つに分かれます。

1:腹圧性尿失禁
咳やくしゃみなど、お腹に力がかかった時にもれる。
2:切迫性尿失禁
トイレに行きたいと思ったら我慢できずもれる
3:反射性尿失禁
トイレに行きたいと思わないのに反射的に尿がもれる
4:溢流性尿失禁
勢いよく尿が出ず、あふれるようにもれる
5:機能性尿失禁
体が不自由 あるいは痴ほうが原因でもれる
などですが 産後の女性に多いのは腹圧性尿失禁で 尿もれ患者のほとんどがこのタイプになります。

腹圧性尿失禁の症状の特徴として

・咳やくしゃみや笑った時にちょろっと尿がもれる
・長時間歩くと尿がもれる
・立とうとした瞬間、尿がもれる
・出産経験がある(特に2回以上)
・ふとした拍子に尿がもれる
・走りだしたり、縄跳びをしたり 跳ねたりしたとき尿がもれる
・重いものを持ち上げた時に尿がもれる
など、お腹に力が入った時に尿がもれるようです。

これは、出産により、骨盤が緩み、骨盤底筋群が弱り、膀胱や尿道をしっかり支えられなくなったため、起こります。
妊娠中の赤ちゃんを支えている状態では、子宮の側から膀胱が押され、赤ちゃんの重みで骨盤底筋群が下方へたわむため、腹圧性尿失禁が起こりやすくなっています。

この妊娠中の尿もれは、胎児に膀胱が押されて起こるもので、出産後は自然に止まりますが、出産後も治らないことが多いのは産後の尿もれです。

特に第2子出産後に起こりやすいとされていますが、初産でもかなり多いという印象があります。

これは妊娠中のものとはちょっと意味が違います。

尿もれ体操や手術で治ると言われていますが、体操ではちょっと不十分でしょう。
手術にしても、そこまでは という人がほとんどでしょう。
寺岡はりきゅう接骨院ではその場合、産後の骨盤矯正をおすすめしています。

正確には、尿もれを良くするために産後の骨盤矯正をするのではなく、骨盤矯正をしたら尿もれも良くなったという方が多いのです。
 *効果には個人差があります
 
 

産後尿漏れになりやすいのはなぜ?


出産後の尿漏れについてのご相談を多く頂きます。
妊娠中、尿もれしやすいことは知っていても、産後についてはご存知ない方もいて、不安になってしまうママさんもいらっしゃると思います。
産後の尿漏れがどうして起こるのか原因を知れば安心できると思います。

尿漏れについてよくご相談いただく内容

当院には産後の骨盤矯正の患者さんが非常に多く来院されますが、その中でも、尿もれの悩みを持つ方が非常に多いようです。

►「くしゃみや咳をすると、ちょろっと尿がもれる。」
►「立ち上がった瞬間にもれてしまう。」
►「トイレに行きたいと思うだけで、もれてしまうため、尿もれパットが欠かせない。」
►「おなかに力を入れたら尿もれした」
►「一人目を産んでから、ずっと尿もれしている。」

など、本当に高い確率で尿もれに悩む人は多いのです

みなさん、大変な不自由さと不安を抱えておられるようです。
なにしろ「尿もれ」ははた目からはわからず、これははたして病気なのか?自分だけなのか?
人には恥ずかしくてとても言えない。
命には別条はなさそうだから、このままでいいかな?

などと人知れず悩んでいるらしいのです。

尿もれとはどんな症状のことをいうのか

尿もれ(尿失禁)とは正確には、自分が排尿したいと思う以外の場所で尿が出てしまうことです。
医学会では「尿失禁とは客観的に証明できる不随意な尿もれで、社会的、衛生的にも問題となるもの」
と定義しています。

私たちは普通であれば、おしっこをしたいと思ったときにトイレに行き、そこで排尿します。

ですが、尿もれで悩んでいる患者さんはトイレに行く前に、また、尿意がないのにトイレ以外の場所で、尿が我慢できなくなって漏らしたり、自分の意思に反して尿が漏れてしまうのです。

「尿がもれる」という言葉から想像すると、水たまりができるほどたくさん尿がもれることを想像されるかもしれませんが、下着にしみる程度であっても、量に関係なく、それは尿もれと言えます。

つまり、自分の意志とは関係なく、トイレ以外の場所で、いくらか尿がもれてしまい、生活するうえで困ったり、衛生上も問題になってしまうものを、「尿もれ」と定義しているのです。

もちろん、「尿もれ」は産後の女性だけではなく、出産を経験していない女性や男性にもおこります。

しかし、それまでそんなことなかったのに出産後に初めて尿もれを経験する方が圧倒的に多いのです。

産後の尿漏れの原因

出産という行為が、排せつに関係する器官にとても大きなダメージをあたえているからです。

それは、骨盤と骨盤底筋群に対するものです。
出産に伴い、骨盤は緩み、膀胱を支える骨盤底筋群はとてつもない損傷を受けます。

多の方は、出産後、そのダメージを回復できないまま育児生活に突入してしまいます。
特に、産後に生活を周りの人が助けてくれなかった場合は、修復する機会を失ってしまいます。

そういう方のために、寺岡はりきゅう接骨院は存在します!!

当院で産後の骨盤矯正を受けられた方の中には、尿もれが改善したという方があとを絶ちません。
(100パーセントではありません。個人差があります。)
産後の尿もれでお悩みの方は一度、ご相談ください。
*効果には個人差があります

出産直後は体を休めましょう!

出産直後は非常に心も体も消耗しています。

さまざまなことを乗り越えて、やっとたどり着いた出産です。

無事終えた達成感、家族や友人の祝福に幸せを感じる一方で、これから訪れる育児に緊張と不安、疲労で精神的に参ってしまう人もいます。

産道を通って出てきたのは赤ちゃんだけでなく、胎盤も子宮からはがれて出てくるので、子宮には大きな傷がついています。

言うなれば、内臓から内臓がはがれて出てくるのですから、考えたらすごいことですね。

妊娠中に活発に分泌された女性ホルモンは出産と同時に減り、バランスも崩れます。

こんな大変な時にママは赤ちゃんと対面しなくてはなりません。

もちろん、感動的なことですが、心がハイになって、特殊な状態と言えます。

出産直後はまずは充分な休息をとるようにしてください。

体はボロボロだけど、心はハイテンションのまま、退院して、子育てに突入するのは避けたいところ。



出産直後に必要なこと

  • 赤ちゃんと安心して過ごせる環境
  • 授乳の指導
  • たっぷり眠ること
  • 良質な栄養
  • 家事などのまわりの人の助け※トイレに行くこと以外はなにもしない

出産直後に避けたいことは

  • 料理 洗濯 掃除など
  • スマホやパソコンの使い過ぎ※目を使うと子宮の回復には良くない
要するにトイレと授乳以外は寝て過ごしましょう ということです。

また この時期はホルモンバランスと出産による消耗により、免疫力が低下しています。

とても疲れやすくなっています。

そして、産後の腰痛、恥骨痛、尿もれなどを経験します。

フルマラソンを走ったようなものです。

どうぞ、ゆっくり休息をとり、落ち着いたら産後の骨盤矯正を受けましょう。

産後、身体の休み方

10カ月という長い妊娠期間に変化した体は出産という大仕事を終えて、だんだんと妊娠前の体に戻っていきます。

この時期を「産褥期」といい、特に産後1カ月は体全体が回復するためのとても大切な期間になります。

できたら、暗い部屋で授乳やトイレに立つとき以外は動かないというくらいが丁度いいでしょう。

もしも、買い物や料理などの家事を助けてくれる家族や知り合いがいれば、遠慮なくお願いしましょう。

とにかく休養することが必要です。



産後休みを取らないと・・・

産後に無理をしてしまうと、更年期にまで影響が出てしまいます。

中には、帝王切開や無痛分娩などでお産自体の疲れをさほどには感じなかった人もいるかと思いますが、お産に違いはないのです。

動けそうだと思っていても体は疲れているので、しっかり休む必要があります。

出産自体は女性の体に大きなダメージを与えます。

交通事故で全身打撲したようなイメージでしょうか。

最近はスマホやパソコンを長時間使用する人が多いですが、体を使わなくても眼や神経が疲れて、体の不調につながっていく場合があります。
*遠慮せずに周囲の手を借りて、気楽に過ごしましょう。

1カ月間しっかりと休養するためには、家事や赤ちゃんの沐浴などはなるべく周囲の人に任せてしまうことです。

どうしても、家のことは自分でやりたいと思う人も多いですが、夫や両方のご両親 親戚などチームを組んで乗り切っていきましょう。

また、産後は骨盤がかなり開いていますからこれを元の大きさに戻すのが重要です。

この時期に慌ただしく動いて、無理してしまうと骨盤の戻りが悪くなり、開いたままで本格的な子育てに突入してしまいます。

そうなると、なかなか、骨盤は元に戻りにくくなり、産後の腰痛や尿もれ、恥骨痛などに悩ませられることになりかねません。

当院の産後骨盤矯正は産後すぐにでも始められます。

早いほど骨盤は柔らかく、調整しやすいからです。

産後は6か月かけて、骨盤は固まってきます。

なので、なるべく早く骨盤を良い位置に導いてあげましょう。


産後の尿もれの原因について


寺岡はりきゅう接骨院では、産後の尿漏れでお悩みの方が増えています。


産後と言わず出産未経験の若い女性や年齢の高い方も含めて、尿もれの女性が増えていると聞きます。

尿漏れの原因

これは骨盤低筋に原因があると言われています。

骨盤低筋は骨盤の底をハンモックのように吊り下げています。

子宮や膀胱・直腸を支える筋肉群です。

これらの筋肉は排せつのコントロールをする役割もあります。

排せつ物がたまってくると、脳へ信号が送られ 骨盤低筋へ命令が下り排せつとなります。

排せつの時はこの筋肉は緩み 普段はきゅっと締まっていなければいけません。

尿漏れは以前は 老人に多かったのですが これは老化に伴う筋力の低下を考えれば当然かもしれません。

しかし、最近は若い女性にも増加しています。

骨盤低筋を含む下半身の筋肉は歩くことで 自然に鍛えられますが、最近では歩くことが極端に減りました。

特に、田舎や地方都市ではクルマ生活になるため、足腰の弱い女性が多いですね。

そのような女性が妊娠、出産してママになったら、尿もれのような排せつトラブルをおこしても仕方ないことかもしれません。

中高年以降に怖いのが子宮脱


子宮から膣が出てくる病気ですが、これも最近では骨盤低筋群の筋力不足が原因とも言われています。

ストレス過多の現代社会は排せつの信号がうまく受け取れずに、便秘や生理痛などにつながることも多いのです。

このように、骨盤低筋は女性にとって とても大事な筋肉であるといえます。

産前・産後の骨盤矯正をすることによって、骨盤低筋の張力バランスが整いそのような症状が改善することも多々あります。




産後の尿漏れ対策には骨盤矯正がオススメの治療法

寺岡鍼灸接骨院には「産後の尿漏れ対策として、骨盤矯正で治療できますか?」

という問い合わせが大変多いのですが、

その度に「ハイ、産後の尿漏れ対策には、骨盤矯正が効果的です。」とお答えしています。

もちろん全員に効果があるわけではありませんが、

寺岡鍼灸接骨院で産後骨盤矯正を受けられた多くの方が「産後の尿漏れ」による悩みから解放されています。

産後尿漏れ対策の治療法

接骨院以外の医療機関では「尿漏れ体操をしなさい」と指導されることが多いです。

ただし尿漏れ体操では、骨盤底筋と呼ばれる尿道周辺の筋肉を鍛えることで尿失禁の改善や予防をはかるため、

肛門を締める体操を、四つんばいや、仰向けやイスに座って、机に手を突いてなどの姿勢で数十回繰り返さなければなりません。

さらに「腹筋と背筋を鍛えましょう」と言われます。

これはこれで大変理にかなった方法なんですが、本人の努力が必要ですし、だいたい産後のママさんは、子育てに精一杯で、腹筋や背筋運動をする体力も気力もありません。


それに比べ、正しい産後骨盤矯正を受けられると、多くの方がなんの努力もなく尿漏れを忘れてしまうレベルまで治療されています。

尿道付近の筋肉を鍛えるよりも、その筋肉が付着する骨盤(骨格)の歪みを整えて筋肉のゆるみや緊張のバランスをとる方が、早いし楽なのです。


産後の尿漏れでお悩みの方は、まだ骨盤がやわらかい産後の早期にご相談ください。
(あっ、決してボキボキしたらだめですよ)

産後骨盤矯正なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、尿漏れ対策の産後骨盤矯正に実績があります。
尿漏れ対策の産後骨盤矯正

1

« 産後の恥骨痛 | メインページ | アーカイブ | 産後の腰痛 »

トップへ

お問い合わせ