• お喜びの声を掲載 お客様の声

コラム

  • 【症例紹介】交通事故で頸椎捻挫した方
          【症例紹介】交通事故で頸椎捻挫した方   
    交通事故で後ろから衝突され その日の午後病院で、頸椎捻挫と診断された  2...
  • 骨盤は生殖器や泌尿器に関係する大事な場所
          骨盤は生殖器や泌尿器に関係する大事な場所   
    骨盤は生殖器や泌尿器に関係するって知ってますか? 骨盤は生殖器や泌尿器に関係...
  • 骨盤がゆがむとなぜ悪いの?
          骨盤がゆがむとなぜ悪いの?   
    福山市の寺岡はりきゅう接骨院では産前・産後の方のみならず、 それ以外の女性にも...
  • 変形性膝関節症は進行する
          変形性膝関節症は進行する   
    変形性膝関節症は関節軟骨がすり減る病気なのですが、その度合いと症状から3つの期に...
  • 赤ちゃんの訳わからない夜泣きに小児ハリ
          赤ちゃんの訳わからない夜泣きに小児ハリ   
    生後すぐの泣きは不安のしるし 生まれてすぐの赤ちゃんは一日中泣いています。...

全ての記事を見る

side_logo.png

どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。084-954-7579
受付時間
9:00-12:00
15:00-19:30 -

★ 9:00-13:00(上記以外の時間もお問い合わせください)

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-8-6

当院までのアクセス

HOME > コラム > アーカイブ > 腰痛と筋肉

コラム 腰痛と筋肉

骨盤がゆがむとなぜ悪いの?

福山市の寺岡はりきゅう接骨院では産前・産後の方のみならず、

それ以外の女性にも骨盤矯正をおススメしていますが、

骨盤がゆがむとなぜ悪いか 

という素朴な疑問が浮かんできますね?



骨盤がゆがむとなぜ悪い??

まず、女性の靭帯は男性と比べて柔らかい。

これは妊娠や出産に備えるためで、骨盤が拡がっても対応できるようにできています。
(生理中も骨盤は拡がります。最高に拡がる時が出産です。)

なので、悪い姿勢が続いたり、運動不足や腰痛などがあった場合、

骨盤の周りの筋力低下が起こったり、偏ると骨格や筋肉のバランスが狂い、

骨盤の真ん中にある仙骨から出る骨盤内臓神経(主に子宮 卵巣などの働きをつかさどる神経)の働きが低下するため

PMS・生理痛・生理不順、さらには不妊の原因にもなると考えられます。


そして、下半身の血の巡りが悪くなるため、冷え性になるなど女性特有のつらい症状をもたらします。


さらに、骨盤は体の土台ですから、その土台が傾くことにより、

背骨や首、などのバランスが崩れ、

腰痛や肩の凝り・頭痛・吐き気・めまいなども起こることがあります。

骨盤のゆがみというものは、

交通事故や出産・ケガなどは別として、急にあらわれるものではなく、

いつもの生活の中で徐々に作られてきたものです。


知らない間に少しずつゆがんできているのです。

なので、それを解消するためには毎日の生活習慣を正すことも必要です。

生活習慣の改善について

ヒールなどのかかとの極端に高い靴はあきらかに異常
常に腰は、反った状態になります(反り腰)

そうなると、腹筋が弱くなるのでポッコリ腹になります。

周りにそんな人いませんか?

また、腰の周囲の筋肉が硬化して、腰骨は前弯が強くなるため、常に腰が疲れます。

腰だけでなく、背中も弱くなり 猫背気味になってしまいます。


そして、腰が痛いと歩くのがおっくうになるため、

下半身の筋肉をあまり使わないので、肥満体質になり痩せにくくなります。
仕事などで椅子に座りっぱなしで脚を組むこと
骨盤はねじれて背骨もゆがみます。

このような生活が長く続けば、

脚の血行は悪くなり、冷え性・下半身太りになります。


どのような姿勢もそれを長時間続けることで、 

腰の筋肉は硬くなるため

左右アンバランスになり、これまた腰痛を惹起します。


土台が傾けば 壁や屋根に相当する背中や首にも症状が現れます。


肩のラインは真っすぐでなくなり、

肩にかけたかばんが滑って落ちてきたり、

写真を撮ると顔がまっすぐではない。 

片頭痛が起こったり、

顎が痛くなったり、 

口が大きく開けられなくなる(顎関節症)になる など

さまざまな辛い症状がでてきます。

あなたが以下のような症状で困っているなら、当院にご相談ください。


・毎日ヒールを履くためつらい
・まっすぐ歩くのが難しい
・肩がななめ
・顔がゆがんでいる
・しょっちゅう腰や股関節が痛む
・生理痛 生理不順 PMS
・脚のむくみや冷えがつらい
・脚の長さが左右でちがう
・恥骨が痛いが原因がわからない
・尿もれがある
・産後、腰が痛い










運動不足が腰痛の原因になる

腰痛を引き起こす原因

腰痛を引き起こす原因として大きなもののひとつに運動不足による筋肉の衰えがあります。

全身に張り巡らされた筋肉は、

伸びたり縮んだり(伸縮)しながら骨や関節を動かして、

いろいろな運動を可能にしていますが、

骨が正しい位置にあるべく支えたり、

身体に対する振動や衝撃を軽くするプロテクターの役割も担っています。

ですから、

背骨を支える背筋や腹筋などの筋肉が弱くなれば、

正しい姿勢は保てなくなり、

腰に対する負担が増えてしまいます。

老人の腰が曲がる理由をご存知ですか?

老人は年を取るごとに、筋肉量が減ります。

また、筋力も同時に衰えるため、

背骨を支えきれなくなり、どんどん腰が曲がってきます。

最近では若い人にも姿勢の悪い人が目立ちますが、運動不足であるのが明白です。

地方在住者に多い運動不足

現代人は便利な生活と引き換えに、体を使うことが極端にへり、筋肉が弱くなってしまいました。

これは、電車やバスなどの公共交通機関を使う機会の少ない、地方で顕著です。

都会の方がむしろ健康的かもしれません。

通勤や通学は電車やバスが便利だし、目的地に着くには乗り換えるのが普通で、そのたびにかなりの移動をしなければなりません。

それに比べて地方は、何をするにも車を使い、それがクセにもなっています。

一家に一台の車ではなく、一人一台の車社会になってしまっています。

わざわざ歩くという選択肢がないのです。

また、会社や学校に着いたら着いたで椅子に座りっぱなしという方も多いでしょう。

座っている時に腰にかかる負担は意外に大きくて、座り仕事の人に腰痛持ちはとても多いのです。

動けば腰痛を予防できるのか?

動いていればいいかというと、重いものを持ったり、運んだりしたりする業種も又、腰痛が多くみられます。

《長時間同じ姿勢を続ける職種》
・運転手
・ウエイトレス
・美容師 
・客室乗務員など 

座るにしろ、立つにしろ、その姿勢を保つは腰の筋肉が緊張した状態が続くため、筋肉疲労を起こし腰痛になります。

こう見てくると、極端な話ですが、筋肉を鍛えてが強ければ腰痛にはなりにくいと言えそうです。

でも、いくら筋肉が強くても土台である骨盤に歪みがあれば腰痛になります。

筋肉を鍛え、骨盤矯正をして、バランスを整えるのが最強かもしれませんね。

ぎっくり腰になったらどうする?

ぎっくり腰の対処方法

急に腰痛になった場合は、どんな腰痛でもまずは安静が必要です。

横向きにエビのような体勢に寝たり、お腹の下に座布団やクッションを入れてうつぶせになったり、あお向けで膝の下に枕を入れて寝る、など自分が一番楽な姿勢で腰を休めます。

急性期は氷で冷却すると痛みがやわらぎます。

筋肉や靭帯に炎症をおこしているので、熱を取るために冷やすのですが、もし、痛みが増してくるようなら、中止してください。

ぎっくり腰でも動けないような激しいものは、たいていは1~2週間で元の状態まで回復します。

逆に、痛みが軽い場合のほうが長引くことが経験上、多いのは意外です。

過度の安静はよくない

痛い➡安静にする➡再発の不安がある➡過度の安静➡運動不足➡機能が低下➡痛みが発生

長期にわたり軽い腰痛が続くときは 無理に安静にしなくても結構です。

むしろ、4日以上にわたり、安静にして寝ていると、筋肉が萎縮したり、心肺機能の低下、電解質異常、血栓塞栓症のリスクが高くなるという見解もあります。

多少、痛くても、通常生活に復帰した人のほうがじっと安静にしている人よりも症状の回復は早いようです。

これは、動けて前向けになれたという心理的な問題もありますが、人間も動物ですから、動くことで正常な機能を発揮する(筋肉、内臓、関節、細胞全てが)ということに他なりません。

寺岡はりきゅう接骨院からの提案

当院では腰痛の予防、回復には「歩行」をおすすめしています。

最初はただ歩くだけでいいのです。

周りの風景をみながら、季節の移り変わりを楽しんでください。

慣れてきたら、歩幅を大きくしていきましょう。

それも慣れたら、スピードを上げましょう。

ただし、40分以上の連続歩行は疲労を伴いますので、疲れたり、痛みが増した場合は中止してください。

歩行に合わせて 骨盤矯正をしていただくと回復を早めるのは言うまでもありません。


腰痛予防に良い運動とは


腰痛予防にはどんな運動が良いかというと、椎間板という背骨のクッションに負担をかけずに骨と筋肉を鍛える事ができる運動といえます。

成長期にはバレーボールやバスケットボールなどある程度は激しい、骨に刺激を与える運動をして、骨貯金をすることが重要になりますが、中高年になっても激しい運動を続けていれば、椎間板に無理

な負担がかかります。

中高年にもオススメの腰痛予防に良い運動

例えば、ウオーキングは何歳でもおすすめの運動です。

通勤など気楽に生活に取り入れられると言う意味では、最もはじめやすいでしょう。


歩行(ウオーキング)には筋肉や骨を鍛える以外にさまざまな効用がありますが、元となるのはそれが動物として必ず必要であり、体を破壊せずに続けられるということです。

ことさらにスポーツジムや何かを習いに行くなどと考えずに、ただ歩くだけの事です。

これが楽しいかどうかは別問題ですが。


その他、腰に優しい運動としては、水泳、水中歩行、グランドゴルフ、社交ダンスといったところでしょうか。


逆に腰に負担のかかる運動ですが、ジョギング、エアロビクス、バレーボール、バスケットボール、

格闘技など、これらは楽しいかもしれませんが、腰痛持ちの方には、悪化するのを覚悟の上でやってもらわなくてはなりません。


そしてできるなら、骨盤矯正をしてもらいながら運動すると、効果が高くなります。

骨盤矯正による腰痛治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院は、骨盤矯正による腰痛治療に実績があります。
骨盤矯正による腰痛治療

骨盤矯正の効果

骨盤矯正が効果のある人とは、どんな人でしょう?

例を挙げると、以下のような方には効果がある可能性が高いです。

出産後、どうも体調が悪い
生理痛、生理不順の人
出産前のズボンが入らない
腰痛持ちで痛み止めが効かなくなってきた
婦人科系疾患がある
産後、体重や体型がもどらない
尾骨・恥骨・股関節が痛い
不妊治療中、または妊娠を望んでいる
産後んの尿漏れが気になる
脚を組んで座る癖がある
何もないところでよくつまずく
同じ側の足首をよく捻挫する
ギックリ腰を何度もくりかえす
立っていると腰が痛い
長時間イスに座っていると、腰が痛む
立ち上がるとき腰が痛む



など、このような症状がある人はまず間違いなく骨盤がずれていますから、
骨盤矯正を受けたほうが良いでしょう。

特に女性の場合は、妊娠や出産という大イベントは言わずもがなですが、
一生を通じての体調管理として、節目、節目に絶対に必要であるといえます。

骨盤のゆがみ(異常)が、女性の体におよぼす影響はとてつもなく大きい、、、、
逆にいえば、骨盤を正常に保てばQOL(生活の質)は格段に上がるということです。

「骨盤が歪んでいる」ということは、今後の人生においてはハンデとなり得ますから、
ぜひ正統な骨盤矯正を受けていただきたいと思います。

福山市で効果のある骨盤矯正なら寺岡鍼灸接骨院

福山市の寺岡鍼灸接骨院(整骨院)なら様々な症状における骨盤矯正の実績が豊富です。
効果のある骨盤矯正の詳細はこちらから。

ぎっくり腰になったらどうする?


もし、ぎっくり腰になったらどうするべきなのでしょうか?

ぎっくり腰は俗名ですが、欧米では昔から「魔女の一撃」と呼ばれ、恐れられてきました。
それほど痛くて、つらいものなのです。
ぎっくり腰の痛みは、経験した者にしか分からないでしょう。

日本での正式名称は「急性腰痛症」「腰椎捻挫」といったところでしょうか。中でもきつい場合は「脊髄梗塞」といわれ、寝返りもままならない状態で、一歩も歩けず、何もしなくても強烈な痛みが腰に走ります。

ぎっくり腰の対処法

ぎっくち腰の原因は諸説いろいろありますが、結果的には筋肉組織に炎症がおきた状態ですから、その炎症を取ってやるのがまっとうな方法です。

普通、ぎっくり腰の炎症は72時間続きます。
つまり3日間は痛むということになります。
その後はだんだんと楽になっていきますが、最初の処置次第でその回復具合に差が出ます。

炎症とは・・・・
①腫脹(はれ) 
②発赤
③発熱
④疼痛
⑤機能障害

をさします。これらのうち③の熱を下げる事で他の症状も改善します。

それには痛い場所を冷やす事が必要です。

ぎっくり腰の処置法は、自分が一番楽な格好でナイロン袋に氷と水を入れて20分ほど直接冷やして下さい。
普通は横向きにエビのような姿勢をとり、膝と膝の間にクッションを入れた姿勢が良いでしょう。


間違っても、患部をカイロなどで温めてはいけません。
その時気持ちよくても後から悪化します。

また、ぎっくり腰の患部を氷で冷やすときは、暖かい部屋で患部だけ冷やして下さい。
風邪をひいては、元も子もありません。

ぎっくり腰の治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院は、ぎっくり腰の治療に実績があります。
ぎっくり腰治療

腰痛の人の正しい座り方


腰痛は座り方で痛み方が変わってきます。
座っていると、一見楽そうですが、立っている時よりも、腰の負担はより大きくなります。
これは誰しも経験的に知っていることです。

座り方ごとの腰痛対策

椅子
デスクワークの方は30分に一回は立ち上がって、腰の緊張を和らげてください。

もしも立ち上がれない事情がある場合は、足を組み替えるなどして、血行を改善します。
足を組むことは骨盤がゆがむ原因になるため、あまり、推奨いたしませんが、ずっと同じ姿勢をとり続けるほうが、よくありません。

正座
正座は背筋が伸び、良い座り方ですが、時間が長くなると、腰に疲労がたまりますから、

お尻に座布団をたたんであてがうことをおすすめします。

あぐら
腰が丸くなり、あまりよくない座り方です。
あまりおすすめできませんが、やはりお尻に座布団をあてがうほうが良いでしょう。

ソファ(やわらかい)
尻が沈み込むような柔らかいソファは腰よりも膝の位置が高くなるため、背骨や骨盤に負担がかかり、悪い座り方です。

腰痛に良い座り方

まずは、正しく立って、その姿勢のまま椅子に腰を下ろすのが良いでしょう。
そのまま深く腰掛けてください。

良い姿勢といえども長時間続けると、腰に負担が掛かり、血行が悪くなり、老廃物がたまります。
30分に一度は必ず立ち上がって、歩いてください。
筋肉の緊張を和らげ、骨盤を動かしましょう。
歩くことで、少々の骨盤のゆがみは矯正されます。

腰痛治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、>腰痛治療に実績があります。
腰痛治療

妊娠中の腰痛はつらい



妊娠中のトラブルで多くてつらいのは腰痛でしょう。
妊娠してお腹が大きくなってくると、その重さに耐えるため、重心が前に移り、腰がそってしまいます。
出産にそなえて、骨盤の周りの靭帯が緩むため、腰にはかなりの負担がかかります。
妊娠すると、腰痛がとても起きやすくなります。

最近の妊婦さん、というよりは日本人一般ですが、本当に筋力が弱いですね。
ほとんど歩かない生活をしているせいでしょう。

本当は、妊娠に備えて、筋力をアップさせておきたいところですが、実際に腰痛が起きてしまったら、無理には動かないようにしてください。
初期では上向きで膝の下にまくらなどのクッションを入れて寝てください。
中期以降では横向きで丸くなって寝ましょう。

鎮痛剤をのむのは、なるべく避けたいところです。
どうしても飲むときは、産婦人科の主治医によく相談しましょう。

妊娠中の腰痛は筋肉に無理がかかり、弱いためだけではありません。
妊娠中はホルモンの関係で骨盤が緩みやすいため、そのせいで腰痛や恥骨痛が起きることが多々あります。

福山市の寺岡はりきゅう接骨院では、産後骨盤矯正だけではなく、産前の骨盤矯正も受け付けております。
腰が痛んでは、出産に対して不安になります。
妊娠中の方には、特に安全な骨盤矯正を心がけており、多くの方に喜んでいただいています。

妊娠中の腰痛治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、妊娠中の腰痛治療に実績があります。
妊娠中の腰痛治療

ぎっくり腰は誰にでもおこる


あなたは、ぎっくり腰を経験したことがありますか?
私は二度ほどぎっくり腰になっていますが、本当につらいものです。

勤め人の方なら休めるでしょうが、私の場合は自営で、しかも患者さんを施術する立場ともなればシャレにもなりません。
痛みをこらえて引きつった顔をして、耐えに耐えた思い出があります。(>_<)

この「ぎっくり腰」は、誰にでもおこる可能性があります。
これまでにギックリ腰の経験がなくて、「自分には全く無縁の話だ」と思っている人も、明日はわが身かもしれません。
現に患者さんにいつも助言している私がそれですから。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は、毎日の偏った姿勢や同じ姿勢などが重なり、筋肉疲労がたまった時に、
何かの動作がきっかけとなって、マグマがたまった火山が爆発するように発症するものです。

ぎっくり腰はそれまで腰痛を経験したことの無い方にも突如、おきる事もありますから、誰もが「ぎっくり腰」予備軍なのです。
かくいう私もはっきりした原因は記憶に無いのですが、疲労が蓄積していたのは間違いありません。
いつも筋トレや空手などで人並み以上の体力を維持していましたので、かえって自分の体の限界点を見誤ったというところではないかと、反省することしきりです。
それからは、適度に身体を休めたり、栄養の補給に気をつけたりしています。

ぎっくり腰の治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、ぎっくり腰の治療に実績があります。
ぎっくり腰の治療

腰痛でずっと痛いのは要注意

腰痛でずっと痛いのは要注意です。
特にどんな姿勢をとっても痛みが変わらない場合は筋肉や関節など運動器以外に原因があるかも知れないからです。
その場合はすぐに医療機関で診察をうけてください。

注意が必要腰痛の例

代表的なものをあげると、十二指腸潰瘍で背中側に潰瘍がある場合、腰痛と勘違いされることがあります。

尿路結石、腎結石でも背中や腰に痛みを感じる事があります。

腎盂腎炎では左右どちらかに痛み、肝炎、肝硬変、胆のう炎、膵炎などで臓器が腫れると発熱や倦怠感を伴う腰痛、
婦人科系では子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症でも腰痛を伴うことがあります。
また、前立腺がん、胃がん、甲状腺がん、などの場合、脊椎に悪性腫瘍が転移して腰痛が起きることがあります。

体重減少や、食欲不振があれば要注意です。

大腸がんの場合は便の色が変化し、発熱を伴う腰痛。
腹部大動脈瘤では下腹部と腰に激痛を生じます。
大動脈瘤乖離は胸や背中に突然激痛がおこります。
髄膜炎は治療が遅れると命に関わりますが、高熱や頭痛を伴うものです。

老人や糖尿病患者が抵抗力が落ちている時にかかりやすい化膿性脊椎炎は細菌が脊椎に感染し、見つかりにくいので注意が必要です。
結核性脊椎炎(脊椎カリエス)は結核の感染経験のある高齢者に発症し、微熱や体重減少が特徴で腰や背中の鋭い痛みがあります。
以上、何もしなくても痛む腰痛は注意して下さい。

腰痛の治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、腰痛の治療に実績があります。
腰痛の治療はこちら

12

メインページ | アーカイブ | 骨盤の歪み »

トップへ

お問い合わせ