• お喜びの声を掲載 お客様の声

コラム

  • 産後2か月の骨盤矯正で腰痛と恥骨痛が改善した福山市のママ
          産後2か月の骨盤矯正で腰痛と恥骨痛が改善した福山市のママ   
    産後2か月のママさんが産後の骨盤矯正を受けに来られました。 「産前から腰痛があ...
  • 妊婦の半分以上が腰痛を経験する
          妊婦の半分以上が腰痛を経験する   
    妊婦さんの半分以上が腰痛を経験しているといわれます。 妊娠中はお腹の胎児が成長...
  • 私の膝痛の場合(前十字靭帯断裂)
          私の膝痛の場合(前十字靭帯断裂)   
    実は私は5年前に膝の靭帯を切っています(完全断裂)。 切れたまま生活をしています...
  • 【症例紹介】足首の捻挫がなかなか良くならない
          【症例紹介】足首の捻挫がなかなか良くならない   
    足首の捻挫が改善しないサッカー部の高校生 足首の捻挫が改善しないサッカー部の...
  • 【症例紹介】抱っこしないと寝ないで泣く 
          【症例紹介】抱っこしないと寝ないで泣く    
    【小児はり】抱っこしないと寝ないで泣くー7カ月の赤ちゃんー 福山市から生後7...

全ての記事を見る

side_logo.png

どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。084-954-7579
受付時間
8:30~12:00
15:00~19:30 -

★ 8:30~13:00(上記以外の時間もお問い合わせください)

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-8-6

当院までのアクセス

HOME > コラム > アーカイブ > 事故時の対処

コラム 事故時の対処

交通事故被害者が損害賠償や過失割合のためにすべきこと

交通事故の被害者になってしまったら、
損害賠償や過失割合で不利にならないためにすべき事があります。

何もしないでいると後で困った事になります。
交通事故の場合、単純に被害者、加害者にならないケースもありますから事故状況をよく確認する事が一番大事です。

①互いの住所・氏名・年齢・職業・車のナンバー・運転免許証・車検証などありとあらゆる事を確認し、記録する事です。

今は携帯電話という便利なものがありますから、カメラで車の損傷部位やナンバー、免許証などは撮影しておくといいでしょう

②軽症だと自分で勝手に判断せず、必ず医師の診断を受けること。

できれば加害者も医師に会い、今後の治療費、経過について聞いておくほうがよい。

③目撃者がいれば、将来、損害賠償の交渉で不利にならないように、住所や氏名を聞いておき、後日 証人になってもらえるよう依頼する。

事故をしたときと、時間が経ったときでは、加害者の証言もより自分有利になる事が多く、目撃者の証言はとても大切です。
事故においては、時間が経つと 性善説ではなかなか通じない事が多くなります。
過失割合の違いで、罰金や違反点数が変わってくるため、これはいたしかたないのかもしれません。
特に相手が車に乗る仕事の場合は もめる事が多いのです。

交通事故治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、交通事故によるむちうち治療に実績があります。
交通事故治療

交通事故後の保険会社への連絡


もし交通事故にあったら、保険会社に連絡する必要があります。
冷静に考えればわかることですが、実際に交通事故の当事者として直面すると、
誰しも事務的な手続きを後にまわしがちです。

交通事故の場合

保険金の支払いは加害者(相手)側の保険会社だという感覚がありますが、
もし10対0であなたが完全な被害者だとしても、自分が加入している保険会社のほうにも連絡を入れておいて下さい。

搭乗者傷害保険に入っているならあなた側の保険会社に保険金を請求できます。

しかも搭乗者傷害保険は等級に影響しません。
等級を下げずに保険金を請求できますので、必ず保険会社に連絡しましょう。

交通事故の際、使えるその他の保険

県民共済や生命保険にも傷害部門で保険金を請求することが可能な場合があります。
これは皆さん忘れがちで、指摘されて気付くことが多いように思います。

たとえ忘れていても、2年くらいは請求資格があるはずなので、保険会社に連絡してみてください。
損害保険会社は、基本的に契約者から請求があった件だけ、お金を支払うことになっています。

また、保険会社は契約保険に付随した様々なサービスを提供していますから、
交通事故対応のサポートに対して、確認しておくほうがいいでしょう。

交通事故治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市で交通事故治療に関するご相談なら経験豊富な寺岡鍼灸接骨院(整骨院)にお任せください。
川口バス通りのコスモス薬局前です。

交通事故を起こしたら守るべき3つの義務


交通事故を起こしたら、必ず守らなければならない義務が3つあります。
もし交通事故をおこしてしまったら、どうしますか?
もしかしたらパニックにおちいって何もできないかもしれませんよ。
でもそれでは免許取得者として、社会人として困りますよね。
そのためにも必須事項として三つだけ知っておいてください。

①負傷者の救護義務
相手がケガをした場合、事故関係者は負傷者を病院に連れて行ったり110番・119番に連絡するなど必要な救護活動をしなければいけません。
応急手当を施すのも、運転者の常識といえます。

②危険防止の措置
事故の現場は混乱しますから、第二次災害、第三次災害の防止のため、他の車の誘導など危険防止措置を講じる必要があります。
ただし、事故車両の移動は、後日、紛争の原因になる事が多いため、警察官が来るまではそのままにしておいたほうがよい。

③警察への届出
加害車両の運転者は事故処理が終わったら、日時・場所・負傷者の人数と程度・破損したもの・
その後の処置などを警察に届けなければならない。
もしこれらの義務を怠ると、措置義務違反、道交法72条違反などにあたります。
また、無届の事故は保険金の請求も困難になり、任意保険は事故後60日以内に保険会社に通報しないと、
保険金が支払われない時があります。

交通事故によるむちうち治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、交通事故によるむちうち治療に実績があります。
むちうち治療

交通事故に遭ってしまったら直ぐに連絡すべきこと

万が一、交通事故に遭ってしまった時、絶対にその場で連絡すべきことがあります。

交通事故は何時起こるかわかりませんから、
以下の情報を記載してダッシュボードに入れておきましょう。

・あなたの加入している自動車保険会社名
・あなたの加入している自動車保険会社の電話番号


実際に事故に遭ってしまったら、まずは警察を呼び、次の事柄を保険会社に連絡してください。
・相手の名前
・相手の住所
・相手の電話番号(できれば名刺をもらい、免許証もみせてもらうのが望ましい)
・相手の勤務先
・相手の勤務先の電話番号
・相手の車両ナンバーと相手と自分の車の損傷部位(写真に撮っておく)
・相手の自動車保険会社名
・相手の自動車保険会社の電話番号


それと、これが意外と大事ですが、目撃者がいれば
・目撃者の名前と電話番号
後で、過失割合等で相手ともめた場合は大きな助けになります。
大体、加害者の多くは自分の過失を少しでも少なく申告します。
自分を有利に発言しがちです。

なぜなら、その後の処罰や来期からの保険料に影響するからです。
そんな時、目撃者の証言は大きな助けになります。
その時、目撃者の証言を得る余裕がなくても、とりあえずは連絡先だけは聞いておきましょう。
今は携帯電話やスマホという便利なものがありますから、なんでも撮影しておけば必ず役立ちます。

交通事故によるむちうち治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市で交通事故によるむちうち治療に関するご相談なら経験豊富な寺岡鍼灸接骨院(整骨院)にお任せください。
川口バス通りのコスモス薬局前です

交通事故の現場で示談をしてはいけない


交通事故の現場で示談をするべきではありません。

当然のことですが、交通事故がおきた直後は、加害者も被害者も興奮していますから、とても冷静な判断をすることは難しいものです。

また、事故の過失割合がすぐには明らかにはなりません。
被害者や車の破損状態もわかりません。
そもそも、どちらが被害者で、加害者かも決まってないわけですから、その場で自ら申し出て、あるいは相手が求めたからと言って、文書などで約束事をするべきではないのです。

事故現場で示談を成立させてしまうと、後に過失割合があなたに有利なものとなっても、それをくつがえすことはとても困難なことです。

また、交通事故で負ったケガにたいして、その場ではたいしたことがないと思っても診察を受けたら、重症だった場合や、時間がたってから悪化することも、よく見られることです。

このように、交通事故の現場では、どちらの過失割合が多いか、少ないか明確ではありませんから、過失を認めるメモや記録は残すべきではありません。
特に自動車同士の事故の場合は過失の割合が五分五分ということもあります。
拙速な示談は自らの利益を損なうことになりかねませんから、こうした意味からも、交通事故現場での示談は避けるべきです。

交通事故治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、むちうちなどの交通事故治療に実績があります。
交通事故治療

交通事故が起きたらはじめにすること

万が一交通事故が起きたら、

加害者は負傷者の救護処置、後続事故の防止措置、警察に事故発生の届出義務が生じます。

(道路交通法72条1項) 警察に事故届けをすることにより、当事者の住所、氏名、日時、場所の特定、事故車両の確認、
物損事故か人身事故かの確認、自動車保険の加入の有無など事故の状況が明らかになります。
被害者の場合も、事故後、すぐに警察に届け出ないと、のちのちトラブルになりますので、
「たいしたことないな」と思うような事故でも、勝手に判断せず、ちゃんとしておくべきです。
(過失割合にかかわらず、加害者も被害者もケガをしたら保険上では被害者になります)

たとえ、相手の名前や電話番号を聞いても、連絡がつかなくなったり、自分で物損事故だろうと判断し
、警察に届出をしなかった場合に、何日かたったあとムチウチなどの痛みが生じても、
交通事故との因果関係が証明されなくて、保険金が支払われないということもよくあります。

届出をしないということは、道路交通法違反であるばかりでなく、
事故の賠償においても大きな問題になる可能性がありますので、

特に被害者の場合は交通事故の届けを必ず行なうように気をつけてください。
もちろんそうならないよう細心の注意をはらって運転するのが一番大事です。

福山市で交通事故の相談ができる接骨院

福山市で交通事故後の手続きや交渉なども相談できる接骨院をお探しなら寺岡鍼灸接骨院へお越しください。
交通事故治療の詳細はこちら


1

メインページ | アーカイブ | むちうち »

トップへ

お問い合わせ