• お喜びの声を掲載 お客様の声

コラム

  • 産後の尾てい骨や鼠径部(またの付け根)の痛み
          産後の尾てい骨や鼠径部(またの付け根)の痛み   
    出産後に尾てい骨や鼠径部(そけいぶ)股の付け根が痛むママさんは結構な確率で当院...
  • 初産のあとにおこりやすいひざ、手首の痛み
          初産のあとにおこりやすいひざ、手首の痛み   
    始めての出産後、腰痛以外におこりやすい痛みとしてひざや手首の痛みがあります。...
  • 産後の骨盤を放置すると大変なことになります
          産後の骨盤を放置すると大変なことになります   
    産後の骨盤を放置するとさまざまなトラブルが起きる可能性があります。 昔は産後の...
  • 妊娠中の便秘に気を付けましょう
          妊娠中の便秘に気を付けましょう   
    妊娠中の便秘 妊娠中の便秘に悩む方は多いようです。 妊娠したら、ホルモン...
  • 妊娠中はペットに気を付けて
          妊娠中はペットに気を付けて   
    妊娠中はペットとの接し方に注意が必要です。 ペットの口中やオシッコ、便...

全ての記事を見る

side_logo.png

どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。084-954-7579
受付時間
9:00-12:00
16:00-19:30 -

★ 9:00-13:00(上記以外の時間もお問い合わせください)

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-8-6

当院までのアクセス

HOME > コラム > アーカイブ > 後遺症

コラム 後遺症

交通事故でしっかり補償してもらえる自動車保険の入り方


交通事故のため備えるべき自動車保険とは?

万が一交通事故にあったら、とかくケガに目がいきがちですが、その後の充分な補償を得るためにはうまく自動車保険に入る必要があります。

自動車保険の特約を上手く利用する

自動車保険(任意保険)も加入者がいろいろ選べるメニューが増えています。

基本的には「対人賠償保険」「対物賠償保険」「人身傷害保険」「搭乗者保険」と特約があります。


最近は事故後に裁判になることが多く、保険金の支払いが増えているため、

「対人賠償保険」や「対物賠償保険」は無制限で入る方が多くなってきましたし、

足りないものは「特約」でカバーするという選択もされています。

必ず入るべき自動車保険の特約とは

あと、「人身傷害保険」「搭乗者保険」のように自分に対するケガの補償も増えています。

一般的に必ずつけたほうがよい特約は「対物全損時修理特約」と「弁護士費用特約」でしょう。

前者は相手の車に対する支払いと、示談交渉がラクになります。

後者は最近の交通事故は裁判になることが増えたため、これからは必須になるでしょう。


それから、あまり知られていませんが「人身傷害保険」に「倍額条項」というものがあります。

交通事故でケガをして、重度後遺障害で要介護であると診断されたときに、

補償が上限の2倍支払われるというものなのですが、コレはすごく重要だと思います。

なぜなら、死亡したときより、重度の傷害を残して生き残った場合のほうが生活が大変だからです。


しかしながらカタカナ損保には、この「倍額条項」がついていない保険会社が多いようです。

「安いから」「有名なタレントが宣伝しているから」などの理由で加入するのではなく、補償の中身をしっかり調べてから自動車保険を選択しましょう。

交通事故時の自動車保険も相談できる接骨院

交通事故時の自動車保険に関するご相談なら経験豊富な福山市の寺岡鍼灸接骨院(整骨院)にお任せください。

交通事故被害者が損害賠償や過失割合のためにすべきこと

交通事故の被害者になってしまったら、
損害賠償や過失割合で不利にならないためにすべき事があります。

何もしないでいると後で困った事になります。
交通事故の場合、単純に被害者、加害者にならないケースもありますから事故状況をよく確認する事が一番大事です。

①互いの住所・氏名・年齢・職業・車のナンバー・運転免許証・車検証などありとあらゆる事を確認し、記録する事です。

今は携帯電話という便利なものがありますから、カメラで車の損傷部位やナンバー、免許証などは撮影しておくといいでしょう

②軽症だと自分で勝手に判断せず、必ず医師の診断を受けること。

できれば加害者も医師に会い、今後の治療費、経過について聞いておくほうがよい。

③目撃者がいれば、将来、損害賠償の交渉で不利にならないように、住所や氏名を聞いておき、後日 証人になってもらえるよう依頼する。

事故をしたときと、時間が経ったときでは、加害者の証言もより自分有利になる事が多く、目撃者の証言はとても大切です。
事故においては、時間が経つと 性善説ではなかなか通じない事が多くなります。
過失割合の違いで、罰金や違反点数が変わってくるため、これはいたしかたないのかもしれません。
特に相手が車に乗る仕事の場合は もめる事が多いのです。

交通事故治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、交通事故によるむちうち治療に実績があります。
交通事故治療

交通事故の損害賠償を示談する際の注意点

交通事故の損害賠償は、ほとんどが示談、つまり加害者と被害者との話し合いで解決します。

しかしながら、損害額や過失割合については、お互いの主張に大きな違いがあるのが普通といえます。
示談を成立させるには、自分の考えだけに固執せず、時には歩み寄り、妥協することも必要かもしれません。

示談とは・・・・
被害者と加害者が裁判所を通さず、話し合いによって賠償責任の有無、金額、支払い方法などを決める事です。

日本の交通事故の賠償問題の9割以上が示談によるものです。

示談が成立すると、示談書を作成し、これを公正証書にしたならば、裁判による判決と同じ効力があります。
なので、納得がいくまでは簡単に示談するべきではありません。

原則として示談はやり直しがきかないからです。

しかし、示談成立後に後遺症が発生したり、容態が著明に変化したときはその限りではありません。
やはり、示談交渉はケガがちゃんと治ってから、後遺症のある場合は症状が固定してから始めたほうがよいでしょう。

しかし、いくら示談交渉を続けても決着が着かない場合もあります。
その場合は、裁判所の力を借りて、調停、あるいは訴訟などで解決する事になります。

交通事故によるむちうち治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、交通事故によるむちうち治療に実績があります。
むちうち治療

交通事故の後遺障害認定を受けるためには②

交通事故の後遺障害認定を受けるためには、

交通事故専門の行政書士や弁護士に依頼することが大事です。

なぜならば、保険会社まかせでは「事前認定」で被害者の望む等級が得られないことが多いからです。



後遺障害認定における弁護士や行政書士の役割

弁護士は直接、事故の相手方の保険会社と交渉し、示談や裁判に携わることができます。

行政書士は被害者のケガの状態を文書にまとめて、事実認定の書類を作成し、
弁護士に依頼するまでの煩わしい手続きを専門としています。

優秀な行政書士は被害者のために医師に質問したり、他に傷害が残っていないか、見落としがないか、
など長時間をかけて後遺障害認定のための膨大な数の書類を作成し、少しでも被害者に有利になるよう働きかけてくれます。

その書類が後遺障害認定の等級を左右するといっても過言ではありません。

当院での後遺障害認定の事例

当院で最近あった事例ですが、交通事故で全身打撲し、
最終的に「CRPS]複合性局所疼痛症候群という障害が残り、足の痛みやはれ、
シビレのため日常生活もままならない状況で示談を迫られて困っていた患者さんがおられました。

その方は、治療中から後遺症が残る可能性が高いとみて、
早めに交通事故専門の行政書士や弁護士と連絡を密にとっていたため、
「9級10号」の後遺障害認定を受け、616万円を補償額として受け取れることになったため大変喜んでいただきました。

交通事故補償の専門家によれば、このケースでは、
普通ではなかなか後遺障害認定されない等級とのこと。

お金をもらったからといって、その方の痛みがなくなる訳ではありませんが、
その後の治療や生活のためにどれほど心強いことだったでしょうか。

万が一、交通事故によって後遺症が残りそうなときは、早急に手を打つことが大事です。

交通事故の後遺障害認定も相談できる接骨院

福山市で交通事故の後遺障害認定に関するご相談なら経験豊富な寺岡鍼灸接骨院(整骨院)にお任せください。
川口バス通りのコスモス薬局前です。

交通事故の後遺障害認定を受けるためには①

交通事故の後遺障害認定を受けるためにはどうすればいいでしょうか?

交通事故によるケガが一定期間の治療を経ても、
例えば手や足が伸びない、曲がらないなど、

もうこれ以上は改善しない見込みになったという状況を「症状固定」といいます。
また、残った障害のことを「後遺障害」といいますが、

最近は自賠責保険の財政上の問題から、後遺障害認定が難しくなったと言われています。
後遺障害は、症状の重さに応じて1級~14級に等級が分かれますが、等級が認定されると、
「後遺障害慰謝料」や「後遺障害逸失利益」などの補償が支払われます。

しかし保険会社から提示される金額や等級は被害者側が希望するものより低い場合が多く、
泣く泣く受け入れることが多いようです。

不幸にして後遺症が残った場合、その後の生活や治療にかかる費用を捻出するためには、
少しでも高い等級を得る必要があります。

これは被害者として当然の権利と言えますが、そのためには保険会社まかせでは望み薄です。

後遺障害認定を有利にするためには

被害者と保険会社の間に弁護士と行政書士に入ってもらい、
一切の交渉を任せることが大事ですが、その際、交通事故を専門的に扱っている業者を選ぶことです。

確かに、弁護士や行政書士は後遺症認定の手続きや交渉のプロではありますが、
だれもが交通事故に関して詳しいわけではありません。

つまりオールマイテイではないということです。

その人選次第で1~2階級、額にして何百万円もの差がでることもありますので、
慎重かつ迅速に行動することをお勧めします。

交通事故の後遺障害認定も相談できる接骨院

福山市で交通事故の後遺障害認定に関するご相談なら経験豊富な寺岡鍼灸接骨院(整骨院)にお任せください。
川口バス通りのコスモス薬局前です。

むちうち治療には整骨院(接骨院)がオススメ

むちうち治療には整骨院(接骨院)が向いています。

むちうち治療における選択肢

むちうちと言われる外傷性頚部症候群になった場合、治療を受ける医療機関として、どんな選択肢があるか?
まず頭に浮かぶのは「医師」がいる整形外科などの病院だと思います。
医師は6年間医学部で勉強して医師国家試験に合格した人のみが医師免許をもらえます。

次に「柔道整復師」や「鍼灸師」がいる整骨院(接骨院)や鍼灸院ですね。
国が認定した学校などで3年間勉強した者が国家試験に合格して、「柔道整復師」「鍼灸師」の資格を得る事ができます。

まぎらわしいですが、「~整体院」や「~カイロプラクテック」などはだれでも看板を揚げることのできる民間資格(勝手に作った資格)で似て非なるものです。

整骨院と整形外科の得意分野

病院や整形外科は主に画像などの検査技術を得意としており、もし万が一、後遺症が残る場合は、それが大切な証拠となりますので、診断書をもらうのが大事です。

しかしながら、むちうちは検査に異常が出ない事が多くあり、異常がないため、治療法もないというケースが多いのも事実です。
整骨院・接骨院ではそのようなときも、丁寧な触診、問診、視診を行い、痛みやしびれなどの症状の根本原因を探り出し手技療法によって治癒に導いてくれます。

よって、検査は病院、治療は整骨院・接骨院と使い分けるのが早く治るためには必要となります。もちろん、むちうち治療を専門に研究し、できれば鍼灸治療も可能な鍼灸整骨院(接骨院)のほうが治癒の可能性が高まるでしょう。

むちうち治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、交通事故によるむちうちの治療に実績があります。
むちうち治療


むちうちの後遺症認定


むちうちの後遺症認定には、「事前認定」と「被害者請求」の2種類があるのをご存知でしょうか?

むちうちのような捻挫は、一般的な認識としては2~3ヶ月で回復するだろうと見られていますが、必ずしもそうではなく、個人差があります。
事故後6ヶ月を過ぎると、それ以上回復が見込めない、いわゆる「症状固定」の段階に入るとされています。
保険会社から連絡があり、もうそろそろ治療打ち切りになることを告げられます。
これは、保険会社としてもいつまでも治療費を支払うわけにはいかないため、ある一定の基準を設けて示談に向かわないと困るのです。

2種類のむちうち後遺症認定の違い

むちうちの症状が完全に治らない場合は、後遺症認定の手続きが必要になりますが、認定手続きには「事前認定」と「被害者請求」があります。

「事前認定」は複雑な手続きがないのですが、加害者側の保険会社を通じて行うため、どうしても加害者有利になることは否めません。

ですから、おすすめは公正に手続きできる「被害者請求」ですが、かなり複雑なやり方になるため、交通事故専門の弁護士や行政書士に依頼されるほうが賢明でしょう。
たとえ費用がかかってもそのほうが有り余るメリットがあります。

但し、交通事故の後遺症専門の弁護士、又は行政書士に依頼しなくてはいけません。
離婚や相続の専門家ではらちが明かないのです。

むちうち治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院なら、交通事故によるむちうちの治療に実績があります。 むちうち治療

むちうちの自覚症状と他覚症状

むちうちによっておこる症状には、

「自覚症状」「他覚症状」があります。

むちうちの「自覚症状」は患者さんが感じて訴える症状で、頭痛や吐き気、耳鳴り、めまいなどです。
これらの症状は、画像や数値には表れにくく、医師や保険会社の担当者に
「気のせい、精神的なもの、詐病」等と言われ、ショックを受けたり、困り果てているむちうち患者さんをよく見ます。

むちうちの「他覚症状」とは、逆にレントゲンやMRIなどの画像診断や血液検査の結果に異常がある、
見たりさわったりして、明らかに腫れている、熱がある、などと客観的にみてわかるものです。

「むちうち」は、自覚症状と他覚症状が相まって症状をだしていると言えます。

しかし、むちうちの症状のほとんどは「自覚症状」だとされます。
たとえ、画像上、異常がみつかってもそれが交通事故によるものかどうかは証明できません。
どちらにしても、自覚症状がなくなるまできちんと治療する事が大事になります。
補償をもらうとか、もらわないとかということは二の次で、とにかく後遺症なく元通りの身体になるのが一番大切な優先条件でしょう。

そのためには、なるべく早くむちうち治療の専門家に診てもらいましょう。
むちうちの治療も他の怪我や病気の治療と同じで、早ければ早いほど回復の可能性は高くなり、その逆もしかりです。

むちうちの専門治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市でむちうち治療に関するご相談なら経験豊富な寺岡鍼灸接骨院(整骨院)にお任せください。
川口バス通りのコスモス薬局前です。

むちうちを頚椎捻挫と呼ぶ弊害

交通事故でむちうちになって病院や接骨院(整骨院)にかかると

「頚椎捻挫」という傷病名が付くことが多いのですが、

この「頚椎捻挫」というのがくせもので、えらく軽症に感じませんか?
「捻挫」なら手や足をひねったようなもので、ちょっと安静にしておけば治るんじゃないの?っていう感覚ですね。
個人的には、この「捻挫」という言葉の印象がむちうちを軽くとらえてしまい、むちうちの治りを遅らせる原因になっているのではないかと考えています。

交通事故によるむちうち治療がやっかいな理由

「むちうち(頚椎捻挫)」は、通常の捻挫のように簡単には治りません。
なぜならば、突発的に1トン以上の鉄のかたまりがぶつかった衝撃で靭帯や筋肉が急激に引き伸ばされるため、ダメージが体の中に残ってしまうからです。

同じ「頚椎捻挫」でも日常生活で起こったものと交通事故でのそれは症状のきつさや治る期間までまるで別物になります。
「捻挫」という言葉に惑わされ、軽視してしまうと、後々頭痛やひどい肩こりなどの後遺症に悩まされることになります。

交通事故でむちうち(頚椎捻挫)になった場合、「軽い事故だからいいだろう」とか、
「これぐらいで病院や接骨院」にいくのは恥ずかしい」などと遠慮はせず、できるだけ早く専門家の診断を仰ぎましょう。

福山市でむちうち(頚椎捻挫)の治療をするなら

福山市で、むちうち(頚椎捻挫)治療の専門家がいる接骨院や鍼灸院をお探しなら寺岡鍼灸接骨院へお越しください。
むちうち(頚椎捻挫)治療の詳細はこちら。

むちうちがつらい人に4つのアドバイス~その2


むちうちがつらい人へのアドバイスの3つ目。

③治らないむちうち治療を続けても治らない

一ヶ月も二ヶ月も同じ病院や接骨院に通っても、痛みや症状があまり変わらないのに、
漫然と同じ手当てを繰り返している方がよくいますが、それではいつまでたっても治らないでしょう。
それどころか、文字通り「症状固定」してしまい、

悪い状態のまま示談&後遺症が残る&一生苦しむ という方も少なくありません。

もし数ヶ月たっても症状が全く改善しない、
またはすっきりと解消していないと言う方は、病院や治療法を変えるという選択も考えるべきでしょう。

セカンドオピニオンとよくいわれますが、数ヶ月も通院して、症状が改善しないのは治療法があっていない可能性があります。
違う治療をうけて回復に向かうこともよくある事です。

民族性でしょうか、「転院すると、今診てくれている先生に悪い」と遠慮するひとがいますが、
自賠責の治療は期間が限られているのが現状です。

ただ時間だけが過ぎてしまいます。
早くしないと、治らないまま、損保会社から、症状固定で治療費は打ち切りです」という連絡があり、
焦ってしまう、ということになりかねません。

一日も早く治して社会復帰するには、専門家の治療が必要です。
餅は餅屋といいます。
意識を変えてみることをおすすめします。

むちうち治療なら福山市の寺岡鍼灸接骨院へ

福山市の寺岡鍼灸接骨院は、交通事故によるむちうちの治療に実績があります。
むちうち治療

12

« むちうち | メインページ | アーカイブ | 後遺症の補填 »

トップへ

お問い合わせ