• お喜びの声を掲載 お客様の声

コラム

  • 接骨院で施術を受けた後の注意
          接骨院で施術を受けた後の注意   
    福山市の寺岡はりきゅう接骨院で主に首・腰・骨盤矯正の施術を受けた後に注意して頂き...
  • 骨盤がゆがむ生活習慣とは
          骨盤がゆがむ生活習慣とは   
    現代人には誰もが骨盤がゆがむ生活習慣(クセ)があります。 ・片足のどちらか...
  • 産後のママの体はバラバラです
          産後のママの体はバラバラです   
    産後のママさんの体は出産という大仕事を終えてバラバラのガタガタです。 どんなに...
  • 妊娠中の股関節の痛み
          妊娠中の股関節の痛み   
    妊娠中に足の付け根が痛くて歩くのがつらい方は  珍しくありません。 そして ...
  • 交通事故によるムチウチから脳脊髄液減少症になった一例
          交通事故によるムチウチから脳脊髄液減少症になった一例   
    交通事故によるムチウチから脳脊髄液減少症になった一例 自動車運転中に左横か...

全ての記事を見る

side_logo.png

どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。084-954-7579
受付時間
9:00-12:00
15:00-19:30 -

★ 9:00-13:00(上記以外の時間もお問い合わせください)

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-8-6

当院までのアクセス

HOME > コラム > アーカイブ > 2019年10月

コラム 2019年10月

【症例紹介】交通事故で頸椎捻挫した方


交通事故で後ろから衝突され

その日の午後病院で、頸椎捻挫と診断された 

28歳 女性 やせ型(設計士)のAさんの事例を紹介します。

本人曰く

「病院でレントゲンとMRI検査を受けたけど、画像には特に異常はなく軽いムチウチでしょうと言われ、シップ薬と痛み止めを処方されました。」

ですが、その日の夜から、

頭痛・首と肩の張り感となんとも言えないだるさ・右腕の重だるさが出てきて、
 
翌日又、病院へ行き診察を受けたのですが 

「むちうちです。レントゲンでは異常は見られないので、そのうち楽になるでしょう」

と言われ帰宅。
(このレントゲンでは異常がないというのが曲者ですが)


そんなものかと思い

仕事である設計事務を続けながら 

シップ薬を張るも

今度は右肘から手首にかけてのしびれが出現し 

病院へ、

今度は首の牽引とホットパック(温めるアレです)を勧められ 

2週間それを継続したところ 

痛みがましてきた為、

保険会社に連絡して 

当院にも通院希望の旨を伝え、

結局 

事故後一か月後の来院となりました。


来院時のAさんの様子ですが、

ぱっと見 

明らかに疲れ切った様子。

両目が充血し、食欲もあまりないとのこと。

首の動きを見てみると左右にちゃんと回りきらず、

途中45度くらいで止まってしまう。

下を向く 

上を向く動作も首の後ろに痛みが強く、

じっとしていても後頭部がズキズキする 

体中がだるく 

いくら寝ても寝足りず、

いつも眠い。


右腕から指までだるさとしびれが混じったような倦怠感と灼熱感を訴えました。

痛みだけでなく、しびれを訴えるあたり 

むちうちでは軽いほうではありません。


まずは、首や肩関節の動き、神経的な異常、皮膚や筋肉の緊張、

などを注意深く観察して、

レントゲンには写らない程度の関節のズレを探します。

これは必ずあります。


ありますが、これを一度に矯正はできません。

もう受傷から一か月たってしまっているため、

時系列で考えて、ゆがみを順番にとらないといけません。

関節のゆがみというものは、

そこに手が加わることにより、日々刻刻と変化するからです。

昨日と今日の体はもはや別物であり、まして、ケガから一か月もたっていたら?

単純には捉えてはならないのです。

この方の場合も少しずつ、関節を整えていきました。

関節の位置異常が正常に近付くにつれ、軟部組織、いわゆる筋肉、靭帯なども細胞レベルで変わってきます。

そして大事なのは冷却です。

膨大なエネルギーを抜くには氷を使った冷却(アイシング)が大変有効です。

この車がぶつかった時のエネルギーが体に残っているためいろいろな症状が取れないのです。

このように、

着実に施術を重ねるごとにAさんの痛みやしびれは改善していき
(しびれは最後になりましたが)

だんだんと社会生活が正常に送れるようになりましたが、

事故から一か月間はご本人は大変だったそうです。

外見は普通に見えるため、出勤すると、

「意外と元気そうですね」

なんて、軽く見られるため、仕事に手抜きもできません。


ご本人は早く何とかしてほしいと訴えるのですが
(当たり前です)

魔法のようにこれらの症状が一瞬で消えればいいのですが 

それはありえません。

このようなパターンでは文字通り薄皮をはぐように楽になります。

どのようなけがもそうですが、受傷後、いかに早く正しい処置をするかが重要です。

特に相手がクルマという大変大きな質量をもった物体がぶつかってくるのが交通事故ですから

元の体に戻るにはある程度の時間が必要です。

つまり、交通事故は普通のケガとは違い、治るのには手間と時間が必要になります。

レントゲンに異常はなくても、画像はある一瞬の姿を投影しただけのことで、それで安心してはいけません。

現に、事故後何年たっても、

頭痛や首の痛み・手足のしびれなどの後遺症に苦しんでいる方が後を絶ちません。

画像診断に異常がない場合はまず後遺症認定は無理と言っていいでしょう。

しかし、本人は実際、辛い思いをして毎日を過ごしています。

年々、後遺症認定基準は厳しくなっていて、なかなかもらえないのが実情です。

となると、やはり、保険会社さんが認める治療期間中になるべくベターな治療を受け、

後遺症を残すことなく、治しきるという事が大事です。

なにしろ、後遺症が残ったところで、だれも責任を取ってくれないし、

少々の賠償金をもらったところで割に合わず「やられ損」に他ならないからです。
 

骨盤は生殖器や泌尿器に関係する大事な場所

骨盤は生殖器や泌尿器に関係するって知ってますか?

骨盤は生殖器や泌尿器に関係する大事な場所です。


骨盤の中には、生殖器や泌尿器といった臓器があり、さらには上半身の重みを受け止めています。


生殖器・泌尿器は女性の場合骨盤内にありますが、

男性は外にありますので、骨盤というものは、特に女性にとっては非常に大事な場所と言えます。

文字通り

骨盤の中に生殖器を内蔵している女性の体は、

その生殖器の状態が他の内臓や神経・ホルモン分泌までにも関係してくるのです。


昔から「女は子宮で考える」と言われてきましたが、言い得て妙です。

案外と真実をついているかもしれません。

その生殖器たる子宮が骨盤内にあるため、骨盤のゆがみや動きそのものが他の臓器や神経、心の働きにまで影響するのです。

当院に来られる患者さんも

同じような症状であっても、男性と女性では全く違った経過を取っていきます。

女性の場合は骨盤を正すと、その後の経過がかなり良い傾向があります。

これは産後でもそうでなくてもです。

骨盤が正常になれば、いろんな症状が改善することが多いのです。

とにかく、骨盤という摩訶不思議な入れ物の中に生殖器がある女性のからだと心は 

男性では想像もつかない 

動きをしています。


男性の生殖器は骨盤外にあるので、女性ほど強い影響は受けません。

しかし、骨盤は上からの重みと下からの反力を受けるため、 

ゆがみがあると男性といえども 

痛みや不調と無関係とはいえません。


骨盤は上半身と下半身をつなぐ位置にあり、あらうる動きのバランスをとる 

バランサーの役割がある。


そういう意味では男性も女性も正しい骨盤矯正を受けることが、

不調のない毎日を送る秘訣と言えます。

「妊娠」「出産」による骨盤の変化

女性には「妊娠」「出産」という人生最大のイベントがあります。

10か月もの間 

自分のお腹で赤ちゃんを育み 

命をかけて出産する。


誠に崇高、 尊敬に値するべきこと。

それだけに 

産後は、育児を楽しむ余裕を持っていただきたい。

出産で開いたり歪んでしまった骨盤を矯正してリセットしてください。

産後に 

痛みや・体の不調があると育児どころではありません。

まずご自分のからだを戻してください。

放っておいても戻りません。

場合によっては、 

出産前よりも良い状態に戻すことが可能です。

それは 

あなたが思うほど大変な事ではありません。

骨盤のゆがんだ 

あるいは開いた経路に沿って戻していけばいい。


なのですが、

間違ったやり方をすると 

矯正どころか 

ひどいことになります。
  

産後の骨盤に対してNG行為

骨盤矯正と称して産後のデリケートな骨盤に対して

・腰をバキバキひねる
➡もはや矯正ではありません。

ひねられるのが骨盤矯正と勘違いしている患者さんや施術者がいまだにおられますが、骨盤を壊しています。

よくそういう目に合った方が来院されますが、いい加減にしてくれー、と叫びたくなります。

世界的にひねる行為は禁止されています。

元に戻すのが大変です。(戻ればいいですが)


・腰やお尻を長くもんだり・押したりされた
➡それは目的が違います。

それは産後の骨盤にとって意味があるのでしょうか?

気持ちがいい?

まあ、そうかもしれませんが、気持ち良ければいいと言う類のものではありません。

産後の体のために何が本当に必要か考えてください。


前述のように骨盤の状態は単に腰や股関節が痛いという単純な問題ではなく
(ご本人には大変重大ではありますが)

骨盤内臓器である泌尿器や生殖器に関与するという、

とても、とても大事な場所であるがゆえ、

女性にはもっと関心をもっていただき、

最もケアしていただきたいと切に願います。

1

« 2019年9月 | メインページ | アーカイブ | 2019年11月 »

トップへ

お問い合わせ