• お喜びの声を掲載 お客様の声

コラム

  • 変形性膝関節症になりやすい人とは?
          変形性膝関節症になりやすい人とは?   
    変形性膝関節症になりやすい人とはどんな人でしょうか? そもそも病気には何ら...
  • 歩いてひざの痛みを治す
          歩いてひざの痛みを治す   
    「歩いてひざの痛みを治しましょう」 とひざの痛む患者さんに言うと、たいがい ...
  • 妊娠 出産によって骨盤底筋がゆるむ
          妊娠 出産によって骨盤底筋がゆるむ   
    多くの女性が妊娠 出産によって骨盤底筋がゆるみます。 福山市の寺岡はりきゅう接...
  • 福山市で産後骨盤矯正を受けるのはどんな人?
          福山市で産後骨盤矯正を受けるのはどんな人?   
    福山市の寺岡はりきゅう接骨院で産後の骨盤矯正を受けられるのはどんな人が多いので...
  • 産後2か月の骨盤矯正で腰痛と恥骨痛が改善した福山市のママ
          産後2か月の骨盤矯正で腰痛と恥骨痛が改善した福山市のママ   
    産後2か月のママさんが産後の骨盤矯正を受けに来られました。 「産前から腰痛があ...

全ての記事を見る

side_logo.png

どんな些細なことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さい。084-954-7579
受付時間
8:30~12:00
15:00~19:30 -

★ 8:30~13:00(上記以外の時間もお問い合わせください)

〒720-0824
広島県福山市多治米町2-8-6

当院までのアクセス

HOME > コラム > アーカイブ > 2018年12月

コラム 2018年12月

変形性膝関節症

整形外科の患者さんの中で腰痛の次に多い疾患が膝関節痛で、その大部分は変形性膝関節症でしょう。
当院で鍼灸施術を受けられる患者さんの数も、腰痛の患者さんの数を超える日があります。

全体としては圧倒的に腰痛患者さんが多いのですが、腰痛は割と短期間で楽になる方が多く、膝痛患者さんは腰痛よりも改善に時間と回数がかかるということです。

それほど、膝という場所は長年にわたり、毎日酷使されていることが考えられます。

この傾向は長寿社会が続くかぎり、もっと顕著になるものと思われます。

変形性膝関節症について

鍼灸臨床では腰痛においてはいろんな年齢層でスポーツ外傷など様々な原因があるのに対して、膝痛は中高年以上に集中しており、多くが変形性膝関節症となっております。

変形性膝関節症は最近、日本人の平均寿命がどんどん延びるにしたがって、生活に支障をきたす疾患として、健康寿命をおびやかすよになりました。

昔は膝が変形して痛み、骨切り術や人工関節手術などの観血療法を受けるまでになるほど、長生きしなかったということになります。
現在は、そのような手術の技術も飛躍的に進歩しています。

しかし、この病気は最初のうちから、手術適用ではなく、患者サイドもなるべくなら、手術は避けたいのが本音ではないでしょうか?
これは徐々に進行する慢性疾患であり、始めからひどい変形にはなりません。

発症からはかなり長期にわたって保存療法(手術以外の治療)が望ましいところです。

鍼灸施術はこの疾患にはかなり有効と思われます。

変形性膝関節症の特徴

変形性膝関節症は統計的に中高年以上の女性に多いとされます。
男性の3倍とも記載される書籍もありますが、私の所見ではもっと多いのではないでしょうか。

肥満や、立ち仕事で膝を酷使した女性、農作業に従事してきた人、最近では若いころにバレーボールなどのスポーツに取り組んだ人が罹患するケースも増えてきました。

元々、この病気は加齢に伴う膝関節の変形。
特に関節軟骨の変性を基盤にしていますから、一旦変形した膝を完全に治すのは不可能なのです。

ですが、中には足がガニ股になって、著しくO脚に変形したおばあちゃん(あるいはおじいちゃん)が痛みもなく、毎日畑仕事をしている場面に遭遇することもあります。

これは必ずしも骨の変形が痛みに直結しないということの証明になります。

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症と思われる多くは鍼灸施術によって、痛みや腫れが改善して、日常生活に支障なくなる人も多数おられます。

骨というよりも筋肉・筋膜・骨盤にアプローチしていくと、少なくとも今よりは楽になると思います。

もしかしたら、将来は手術が必要な方がそれをもっと先延ばしにできる可能性があります。

手術に使う人工関節にももちろん寿命があります。
もし、長生きしたら 途中もう一回手術が必要になることもあります。

それに手術したら必ず結果が良いかというと、そんなこともありません。

痛みがなくなって、歩けるようになった、という人がいる一方で、かえって痛くなった、ということも聞いたことがありませんか?

レントゲン検査だけを診断のよりどころにすると、「これはもう、一生治りませんよ」と言われても仕方ないのです。

確かにその変形は治しがたいでしょうが、変形していても痛み少なく、日常生活に困らないのであれば、鍼灸をはじめとする保存療法も考えてみるべきです。

手術をしたあとのことを考えると、脚の筋肉や骨盤を良い状態にしておくことはとても大事です。
手術をしたからといって、すぐに歩けるわけではなく、きついリハビリをしなければいけないからです。
リハビリに耐えれられる筋肉と膝以外の骨格がぜひとも必要になるのです。

歩いて膝の痛みを改善する

膝が痛いと、歩けない、歩いたら余計に痛くなると思われている人が多いでしょう。
しかし、実際は歩かないと益々ひざは痛くなるのです。
限度はあります。

這いつくばってしか動けない人に「歩きましょう」とは言えません。
膝が痛くなると歩くのがおっくうになります。

何もしなければ痛みが出ないなら、じっとしておくほうがいいように思いがちです。

でも、家で安静にしてばかりだと、膝を支える太ももの筋肉(大腿四頭筋)が衰えてしまい、状態としてはもっと悪くなってしまうのです。
この太ももの筋肉は膝を支える最も大きな筋肉で、これが衰えてしまうと、ひざにかかる圧力が大きくなってしまうため、余計な負担がかかり、もっと膝が痛くなってしまうのです。

きついかもしれませんが、少しでも歩きましょう!

できれば距離とスピードを増やしていきましょう。
そして、歩行後は患部を氷で冷やしましょう。

関節(骨)の変形は熱によって起こります。
ですから、熱を取ることが大事です。

歩くことは筋肉を鍛えるだけではなく、関節の潤滑のために重要です。
潤滑とは、関節にのみ必要なのではなく、この地球上で生活するためには体のあらゆる器官、細胞レベルにまで重要な事です。

走るよりも歩く!!

歩くより走った方が効くかと、ランニングをしたがる人がいますが、それも含めてスポーツは体を壊す側面があります。
逆に歩行は体を治す効果があります。

走る行為はひざ関節に大きな負担をかけますからいけません。
ランニングと歩行は全く違うものですから、間違わないようにしてください。

歩くのが怖いという人は最初はサポーターをひざにはめて歩くといいでしょう。
膝の負担を少なくしてくれます。

膝が痛くて歩きたくない人はプールで水中歩行をしましょう。
水の浮力が体を支えてくれるので楽に歩くことが出来ます。

でもいつまでも水中歩行ばかりで満足している重力のある地上では歩けません。
われわれは水中に住むのではなく地上で生活する動物なのです。

地上で動くことで重力を受け、それに反する形で体が作られているのです。

プールが苦手な人は自転車こぎでもいいでしょう。
室内用のこぐためだけの自転車があります。
それにより、太ももの筋肉は鍛えることができます。

ただし、膝の為に大切な筋肉は太ももだけではありません。

お尻やふくらはぎ、足関節周りの筋肉も必要です。
そういった筋群は自転車だけでは鍛えられません。

やはり歩くことに代えられないのです。

骨盤の歪み

自転車に乗りすぎると、骨盤のゆがみを生じます。
骨盤は下半身の要となる大事な場所です。

骨盤がゆがむことによって膝にも悪影響が大いにあります。

実は膝の痛みの原因はひざ周りが悪いことだけではないからです。

これについては、割愛しますが太ももの筋肉がある程度強くなってきたら、とりあえず、5分でも10分でも歩くようにしましょう。

歩く時のコツ

♦ 歩くときはかかとから着地してください。

♦ 足をまっすぐ前に出してください。

♦ 肘を曲げて、腕を振りながら歩いてください。
腕の振りが反対側の股関節に連動してスピードが増し、スムーズに歩けるようになります。

♦ 靴を履いて歩いてください。
まちがってもサンダルやスリッパで歩いてはいけません。
ひざの痛みが余計増すことになるでしょう。

足首がちゃんと安定しないとひざにねじれた力が伝わり、悪影響を及ぼします。

最近はウオーキング専用のよく研究された靴がたくさん店頭にならんでいます。
機能性が良く、それでいてファッショナブルな靴がたくさんあります。
オシャレな靴を履いて外を歩くことで、気持ちも前向きになるのではないでしょうか。

でもやはり履きやすさや機能優先で選んでください。
充分にクッションがあり、適度に柔らかく、足首がしっかりと安定し、自分の足のサイズにフィットする一足をお勧めします。

どんどん長い距離を歩けるようになった時には、膝の痛みも忘れてしまっていることでしょう。

膝の老化チェック

人生80年どころか90年、100年と寿命はどんどん伸びていますが、その分、膝の痛みを訴える人は増加しています。
昔は人生50年時代と言われていましたから、今ほど膝の痛む人も多くなかったのです。

さすがに、50年以上膝を酷使してきたら膝関節の老化は免れません
(膝だけに限りませんが、動物として「移動」するために非常に大事な場所です)

膝の老化は病院でレントゲン検査を受けなくても、ある程度判断ができます。

あなたは以下のことに当てはまりませんか?

☑ 正座ができにくい
☑ 階段の上り下りがつらい
☑ 座った姿勢から立つとき膝が痛い
☑ 歩きはじめに膝が痛い
☑ 歩くと膝の中で音がする
☑ 立っていると膝がガクガクする
☑ 立つとガニ股になり(O脚)真っすぐ立つとと膝と膝の間に隙間が大きく空く
☑ ひざが腫れて熱がある
☑ 左右でひざの形が違う
☑ 上向きに寝た時、膝がまっすぐ伸びない(膝の裏が床につかない)
これらに一つも当てはまらないならば、まだまだあなたの膝は若い証拠です。

もしも三つ以上当てはまる方は、すぐに専門医の診断を受けて、現在の状況を知る必要があります。

膝の関節について

膝の関節は大変複雑な動きをします。
ただ単に曲げ伸ばしをするだけではありません。

屈伸やねじる運動だけではなく、歩いたり、走ったり、急に止まったりするブレーキの役目もしなくてはなりません。
ですから絶えず酷使される所なのです。
ひざに老化が現れやすいのも当然といえます。

◆日本人の膝の老化はO脚の人が圧倒に多い
膝の変形には大きく分けてO脚とX脚がありますが、日本人の場合、その生活様式からかO脚がほとんどといえます。
いわゆるガニ股で、真っ直ぐ立ってもひざと膝の間に隙間が空きます。
欧米人には逆にX脚が多い。
これはやはり、畳に正座をする日本人と椅子生活の欧米人の違いと言えそうです。
最近の日本の住宅は畳の部屋が減り、椅子の生活が増えてきたため、O脚の人は減ってきました。
これからはX脚の変形現象が増えてくるのではないでしょうか。

◆肥満も膝には相当の負担
肥満がどれほど膝に負担がかかっているかはあまり問題にならないようです。
体重が増えた分の3倍の負担がひざにはかかるといわれます。
もしも3キロ体重が増加すると9キロの負担です。
女性が妊娠中に膝が痛みだして、出産後もそれを引きずることはよくあります。
急激に体重が増えることはひざにとっては大きなリスクをかかえることになります。
太るとその重みを支えるため、膝の内側に負担がかかります。
そこにある内側半月板がすりへって、O脚になってどんどん変形が進みます。
太った中年以上の女性が膝痛患者に目立ちます。

◆脚の筋肉の衰えが膝痛を助長する
体の筋肉量の半分以上は足にあります。
足は体の重さを支えて、動かないといけないので本来、丈夫な筋肉がついています。
太ももの大腿四頭筋、その裏側のハムストリングス、ふくらはぎの筋肉です。
これらの筋肉が衰えると体を支えることが困難になるのはもちろんですが。全身のあらゆる循環が滞るため、寿命にも関係してきます。
お年寄りが何かで入院したら、痴呆になったり、他の病気を併発して無くなるのも歩かなくなるからです。
膝が痛いからと言って歩かない生活をしていると、さらに足が弱り、痛みが増すことになります。
しかし、例えば、ママさんバレーなど激しく膝を使うスポーツをいつまでも長く続けるのも将来、膝の変形とそれに伴う痛みで苦しむことになりかねません。
適度にウオーキングなどをしながら、太らないように体重管理をすることが大切と言えるでしょう。

1

« 2018年11月 | メインページ | アーカイブ | 2019年1月 »

トップへ

お問い合わせ